【レポート】「3人揃わなければダメだ」 ジェームズ・メイは『トップギア』続投せず
司会者ジェレミー・クラークソン降板し、シーズン22のために収録された3本のエピソードを残したまま、その放送が無期限延期となったBBCの人気自動車番組『トップギア』。同じく司会者のジェームズ・メイリチャード・ハモンドが引き続き出演する可能性は低いとみられていたが、先日メイが英国の一般紙『The Guardian』にその噂を決定づける発言をしたという。

同紙によれば、メイは「僕とハモンド、ジェレミーの後任の3人で番組をやってもうまくいかない。きっと退屈でつまらないものになる」とコメント。さらに、「この3人でなければダメだ。ジェレミーの代わりを入れて番組を続けるのは無理がある。そんな馬鹿げたことを考えるなんて信じられないね」と述べている。

この発言は、BBCの管理責任者キム・シリングロー氏が、『トップギア』の残りのエピソードを今年中に放送し、さらに来年には"新しい形"に生まれ変わって復活すると、英メディア『Radio Times』で語ったことを受けてのもの。シリングロー氏は、新しい司会者に女性が採用される可能性にも言及したが、メイやハモンドが引き続き出演するかについては明らかにしなかった。メイは、シーズン22の残りのエピソードを完成させるためなら新たな撮影にも喜んで参加するとしているが、BBC側からの正式なオファーはまだないようだ。

また、メイは厳密に言えばクラークソンが正式に解雇されたわけではないと指摘し、「ほとぼりが冷めればまた『トップギア』か、別のクルマ番組という形で僕たち3人が戻ってくるチャンスもあるだろう」とコメント。さらに、「BBCはジェレミーの復帰の道を完全に閉ざしたわけではない。追放や解雇はせず、当面、契約を更新しないと決めただけだ。微妙な違いだが、この差は重要だ」と述べている。

3人がBBCのライバル局(または動画配信サービス会社)に乗り換えるという噂については、少なくとも1人は競合禁止契約で問題になるかもしれないと述べつつ、「あり得ないことではない」と答えた。

なお、BBCは『トップギア』のプロデューサーであるアンディ・ウィルマンが同番組を降板したことを英国&アイルランド版『Yahoo!ニュース』で発表している。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】英国車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!