【上海モーターショー2015】ビュイックのコンパクトセダン「ベラーノ」、新型モデルが初公開
Related Gallery:Buick Verano: Shanghai Motor Show

Related Gallery:2016 Buick Verano (China)

上海モーターショーで公開される新型モデルの多くは、米国のショールームに並ぶことはないかも知れない。だが、やはりアメリカ人なら新型ビュイック「ベラーノ」の発表には注目したくなるはずだ。

コンパクトセダン「ベラーノ」は、2011年に現行モデルがビュイックのラインナップに加わり、今回公開されたモデルは2代目となる。写真では細部までは分からないが(GMが公開した写真を見ても)、新型ベラーノが先代型よりもダイナミックなスタイリングを纏っていることは確認できる。

デザインはコンセプトカーの「リヴィエラ」と「アヴニール」の要素を取り入れており、ウインドシールドとリアウインドウの傾斜が大きくなったことで、コンパクトセダンにしてはスリムで伸びやかな外観(空気抵抗係数が低減)となっている。フロントにはビュイックの特徴的なウォーターフォールグリルが装着され、その両側にLEDデイタイムランニングライトを組み込んだHIDキセノンヘッドライトが並ぶ。また、テールランプにもLEDが使用されている。

パワートレインは、1.5リッター「エコテック」4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力124kW(169ps)、最大トルク250Nm(25.5kgm)を発生。新世代の7速デュアルクラッチ式トランスミッションが組み合わされる。足元は17インチ・ホイールにコンチネンタルのスポーツタイヤを装着。新型ベラーノが米国で発売される際にも、この仕様の通りになるとは限らないが、とりあえずは今の姿をご覧いただくとしよう。詳細についてはプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ベラーノの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!