新型アキュラ「NSX」のさらなる詳細が発表 エンジンの排気量は3.5リッターに
Related Gallery:2016 Acura NSX: Detroit 2015

アキュラホンダ)は、米デトロイトで開催されたSAEインターナショナルの国際会議の夕食会で、新型「NSX」のエンジニアリングに関する情報を発表した。我々がメインの料理より先にそちらに食い付いたことは言うまでもない。


新型NSXのボディには、超高張力鋼やアルミニウムを組み合わせた複合素材製のスペースフレーム構造をアキュラで初めて採用するという。これにより、クラス最高レベルの剛性と軽量化を実現できたそうだ。また、クラッシャブル・ゾーンには、"アブレーション・キャスティング"という世界初の新技術が用いられる。従来の鋳造方法に急速冷却の技術を組み合わせ、鋳物の剛性とデザインの自由度を高めるという製法だ。これによって成型された素材は延性とエネルギー吸収性を備えるという。

また、予想された通り、ミドシップに搭載される75度V型6気筒直噴ツインターボ・エンジンの排気量は3.5リッターであることも明らかにされた。潤滑方式はドライサンプで、パフォーマンスと燃費を向上させるため、フロントに1つ、リアに2つ、合計3基の電気モーターと9速デュアルクラッチ式トランスミッションを使ったハイブリッド・システムが採用される。この最も進化したアキュラ(ホンダ)の「SPORT HYBRID SH-AWD(スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ)は、4輪の駆動を自在に制御することでコーナリング性能を高め、パワー・ユニットはアキュラ車史上最大のトルクを発生するという。

新型NSXはパワートレインを冷却するために全部で10個の空冷式熱交換器を装備し、V6エンジンだけでフロントの3つのラジエーターを必要とするという。左右のサイド・エアインテークにはツイン・インタークーラーが搭載されている。

今年1月の北米国際自動車ショー 2015お披露目された新型「NSX」は、今秋より米オハイオ州で生産開始される予定だ。今回発表された詳細については、プレスリリース(英語)をご覧いただきたい。



By Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】NSXの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!