【レポート】
ここ最近、英BBCの人気自動車番組『トップギア』のファンにとっては辛い話が続いている。ケンカ騒ぎで出演停止になっていたジェレミー・クラークソンの解雇や、シーズン22のまだ放送されていない3つのエピソードが無期限で放映延期になるなど、聞こえてくるのは残念な報せばかり。しかし、ここに来てほんの少し明るい情報が入って来た。BBCの会計監査役、キム・シリングロー氏が英メディア『Radio Times』に語ったところによると、無期限延期になっていた3つのエピソードが"何らかの形"で放映されるかもしれないというのだ。

「制作済みのエピソードを視聴者に見せたくないわけではない」とシリングロー氏は『Radio Times』に語っている。放送時期は明確にされていないものの、早ければ今年の夏、遅くても年内には放送されるだろうとのこと。

さらに、同氏は『トップギア』が"新しい形"で帰ってくる予定だと明らかにしたという。『Radio Times』のレポートによると、同氏はBBC2のプレビュー・イベントで番組の将来について語り、新番組には女性司会者が起用されるかも知れないと話している。しかし、これまで番組に出演していたリチャード・ハモンドやジェームズ・メイ、そして長年エグゼクティブ・プロデューサーを務めてきたアンディ・ウィルマン氏については言及しなかった。

シリングロー氏は、「私たちは素晴らしいチームであり、これまでがそうだったように、これからも良い番組を作っていく。難しい年を迎えているが、クリエイティブでスリル満点な番組を作り続けていくことが私たちの仕事だ」と語っている。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トップギア復活を祈る前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!