【上海モーターショー2015】シボレー、未来の自動車をイメージしたコンセプトカー「FNR」を発表!
Related Gallery:Chevrolet FNR Conept Shanghai Motor Show 2015

Related Gallery:Chevrolet FNR Concept

上海モーターショー 2015で発表されたクルマは、ホイールベースを延長したラグジュアリーなセダンばかりではない。シボレーはこの機会を利用し、未来の自動車をイメージした電気自動車のコンセプトカー「Chevrolet-FNR」を初披露した。

映画『ブレードランナー』に登場しそうなカプセルを思わせる「Chevrolet-FNR」コンセプトは、今から何年も先の将来、完全自動運転が可能となる頃のクルマをイメージしており、中国の若い消費者にアピールすることが狙いだ。

この実に鮮烈なデザインを手掛けたのは、ゼネラルモーターズ(GM)のPATAC(パン・アジア・テクニカル・オートモーティブ・センター)。大部分がガラス製の曲線的なフォームや、上方向にスイングして開く"ドラゴンフライ・ドア"など、まさにSFの世界だ。

デザインだけでなく、搭載されているテクノロジーも未来的。駆動は各輪に組み込まれたハブレスモーターが行い、ワイヤレスで自動充電が可能だ。クリスタルレーザーと呼ばれるヘッドライトとテールライトを装備し、ルーフに設置されたレーダーは自動運転時に周囲の状況をスキャンする。

インテリアも外観同様に空想的で、乗員はブルーのライトに包まれ、大きなフレームにメッシュを張ったシートに座る。キーはなく、起動は虹彩認証によって行うという。自動運転中は運転席が180度回転し、後部座席と対面できる仕組みだ。

早速、シボレーが考えた未来のクルマをギャラリーでチェックしてみよう。詳細についてはプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】シボレーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!