【上海モーターショー2015】インフィニティ「Q70L」のビスポーク・エディションが登場!
Related Gallery:Infiniti Q70L Bespoke Edition

"ラグジュアリー"とは、相対的な言葉だ。例えば、日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティの「Q70」は、多くの人にとっては十分"ラグジュアリー"なクルマだろう。しかし、中には(特に中国には)もっと高級感が欲しいという購入者もいる。インフィニティはそんな声に応えてホイールベースを延長した「Q70L」を2014年に発売したが、今年はその高級感をさらに増した「Q70L Bespoke Edition(ビスポーク・エディション)」を発表した。

インフィニティがこのモデルを初公開する場所に選んだのは、グローバル本社がある香港からも近い、上海モーターショー 2015だ。同社によれば、Q70Lビスポーク・エディションは"現行市販車のインテリアと、インフィニティのコンセプトカー(「Q60 コンセプト」や「Q80インスピレーション」)に見られた豪華なインテリアとのギャップを埋めるべく"デザインされたという。「細部にまで技巧を凝らし、立体的に縫製された」という4名分の独立したシートを備え、キルティング加工されたホワイトレザーで覆われたキャビンは、その言葉どおりの贅沢さだ。

ジュースやクレヨンを持った子供を座らせたり、泥だらけのユニフォームを着たサッカー少年を乗せたりするには不向きだろうが、大人はその豪華さに十分満足することだろう。是非、写真と動画で1つ上の"ラグジュアリー"をご覧いただきたい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】インフィニティの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!