【ビデオ】BMW、次期型「7シリーズ」に採用される最新技術を動画で紹介!
Related Gallery:2017 BMW 7 Series Preview

数年後に我々が運転するクルマには一体どんな機能が搭載されているのか、チラッと見てみたくはないだろうか? 自動車メーカーは、フラッグシップ車であるラグジュアリー・セダンに最新技術を採用することが多い。例えばBMWが公開した次期型「7シリーズ」のティーザー・ビデオにはそのいくつかが紹介されている。

この動画やBMWのプレスリリースによると、新型7シリーズにはいくつもの革新的な技術が盛り込まれることになりそうだ。まずは、ドライバーが乗車している必要さえないという「リモートコントロール・パーキング」機能。駐車場やガレージで車外に立ったまま、キーフォブのLCDタッチスクリーンを使ってクルマの出し入れを操作することができる。インテリアでは、車載インフォテインメント・システム「iDrive」のモニターが初めてタッチディスプレイ式となり、コントローラーだけでなくタッチスクリーンでの操作も可能となる。さらに「BMWジェスチャー・コントロール」は、3Dセンサーが手の動きを読み取って、ジェスチャーでもiDriveシステムを操作できるという新機能だ。

パワートレインは、次世代型の直列6気筒ターボ・エンジンと8速オートマチック・トランスミッションの組み合わせで、自動セルフレベリング機能付きエアサスペンションによってスポーツ性能と乗り心地が高いレベルで両立される。また、ボディ構造にはカーボンファイバーを部分的に使用することで、車両重量は現行の7シリーズより最大130kgも軽量化されるという。

それでは実際に運転できる日を楽しみに待ちながら、ティーザー・ビデオでBMWによる新技術の数々をチェックしてみよう。さらに詳しく知りたい方は、プレスリリース(英語)もどうぞ。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】7シリーズの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!