アウディ、アジア向けの「Q7 e-tron 2.0 TFSI」を上海モーターショーで公開へ
Related Gallery:Audi Q7 E-Tron 2.0 TFSI Quattro

アウディは、独自の4輪駆動システム「クアトロ」でその名声を確立したが、近年では「e-tron」と呼ばれるハイブリッドのシリーズを急速に拡大しつつある。遂にその2つを初めて兼ね備えた「Q7 e-tron 2.0 TFSI クアトロ」が、4月20日に開幕する上海モーターショーで発表されることになった。

直噴ターボ・エンジン、ハイブリッド・アシスト、4輪駆動システムを全て組み合わせたアウディ初のモデルとなるQ7 e-tron 2.0 TFSI クアトロは、フラッグシップ・クロスオーバーの新型「Q7」で強化された基本性能をベースに、電気モーターのみで53km、エンジンと合わせて1,020kmもの航続距離を実現したという。

パワートレインは、2.0リッター直列4気筒直噴ターボ「TFSI」エンジンと1基の電気モーターを組み合わせ、システム合計で最高出力367hp、最大トルク71.4kgmを発揮。発表によれば、2.5L/100km(約40.0km/L)の燃費を誇りつつ、0-100km/hを5.9秒で加速するという。

Q7 e-tron 2.0 TFSI クアトロは、日本をはじめ中国、シンガポールなどアジア市場向けとして2016年に発売される予定だ。詳細が気になる方はプレスリリース(英語)をチェックして欲しい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アウディの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!