【ビデオ】巨大なアートが出現!? 作業中のクレーン車が美術館で転倒
どんな物でも見方によってはアート作品になってしまうものだ。例えば、ポップアートの芸術家アンディ・ウォーホルはキャンベルのスープ缶を描き、フランス生まれの美術家マルセル・デュシャンは男性用小便器に『泉』というタイトルを付けて展覧会に出品した。先日、米テキサス州のダラス美術館で作業中のクレーン車が転倒するという事故が発生し、庭園には思いがけない新作アートが一時的に現れた。

TVニュース番組『CBS News 24』によると、クレーン車はパーティ会場設営ための大きなテントを張る作業をしていた。しかし、作業は予定通りには行かなかったようだ。道行く人々は困惑しながらも巨大な新作アートが現れたと勘違いしたようだが、それも無理はない。大きな赤い彫刻の横に並んで倒れ込んだクレーン車は非常に魅力的なアートピースに仕上がった、ようにも確かに見えるのだ。クレーン車を操作していたオペレーターは病院に運ばれたようだが、幸いこの事故による重傷者は出ていない。

それでは、クレーンが倒れる瞬間を捉えたライブカメラの映像と、事故を伝えるニュース映像をチェックしてみよう。





By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】クレーン車の事故を目撃する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!