長かった冬が去り雪や氷がようやく解けて、暖かい日差しを楽しめる季節がやってきた。しかし、今回ご紹介する「Ripsaw EV2」で思い切り雪上ドリフトを楽しめるなら、凍えるような季節に逆戻りしてもいいと思える(かも知れない)。

このモンスターマシンを製造したのは、映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』で技術協力もしている米国メイン州のハウ&ハウ・テクノロジーズ。数年前に誕生した初期モデルは、トラックベルト(いわゆるキャタピラ)が付いた破城槌(城門を突破するための武器)のような形だったが、最新型ではスーパーカーと戦車の融合とも言えるほど見事なデザインになっている。スポーティなクローズドコックピットに、ずらりと並んだライト、そして車体の後ろには荷台まで備えていて、まるで近未来SFで見る滅亡後の世界で生き残った究極の装甲車のようだ。低木などまったく物ともせずに雪原を爆走し、しかもこのマシンは雪の上で巧みなドリフトまでやってのけるのだ。

そんなRipsawの魅力を伝えるため、氷上を優雅に滑る姿もご用意したので、合わせてチェックして欲しい。



By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】雪上ドリフトを楽しむ前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!