【ビデオ】まるで『ワイルド・スピード』の世界! RCカー4台がドリフトしながら爆走!
ファルケンタイヤとHPIレーシングは共同制作した最新クリップ映像で、ラジオ・コントロールカー(RCカー)でも実車に負けず劣らずのドリフトが出来ることを証明して見せた。RCカーを使ったCMといえば、2015年のスーパーボウルで放送されたレクサスの「Let's Play」が印象深かったが、このビデオでは4台のRCカーをテール・トゥ・ノーズでドリフトさせることで、4倍エキサイティングな内容になっている。

登場するのは、日産「S15 シルビア」マツダ「FD RX-7」、トヨタ「JZX100 マークII」、そして漫画『頭文字D』の主人公の愛車として有名なトヨタ「AE86 スプリンタートレノ」という人気ドリフトマシーンを1/10スケールで再現したRCカー。もちろん装着しているタイヤは26mm幅のファルケン「Azenis RT615K」だ。赤、青、緑の点滅するLEDがスピンに彩を添え、さらに巧妙なカメラ・アングルとミニチュアで製作された周囲の背景によって、まるで実車を走らせているかのような雰囲気だ。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】RCカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!