フィアットの限定モデル「500 1957エディション」にオープントップ仕様の「カブリオ」が登場!
Related Gallery:2015 Fiat 500 1957 Edition Cabrio

フィアットは、1957年に発売された2代目「500」(通称「ヌゥォーヴァ・チンクェチェント」)の誕生57周年を記念した特別仕様車「1957エディション」を2014年に米国で発売した。このレトロなスタイルは好きだが、屋根が開く「500C」の解放感も捨てがたいという人に朗報だ。電動開閉式ソフトトップを備える「1957エディション カブリオ」が加わることになったのだ。

1957エディションは、幅広のクロムリップとボディカラーに合わせたハブの2トーンがレトロな印象を与える16インチ・ホイールや、フロントとリアに装着された懐かしいロゴのエンブレムなど、2代目「500」のスピリットを受け継いだ外観に、スポーツチューン・サスペンションを標準装備。アイボリーを基調にしたインテリアもビンテージ感が漂っており、アイボリーのスティッチが施されたブラウンの革シートやグレーのドアパネルなどが、調和とコントラストをもたらしている。もちろん、ベースとなった500C同様、スイッチ1つでルーフを開ければ太陽の光と風を存分に楽しめる。

ボディカラーはクラシックなBianco (ホワイト)、Verde Chiaro (ライト・グリーン) 、 Celeste (ベビーブルー)の3色を用意。米国での販売価格は2万4,700ドル(約294万円)からと、ベースとなった「500c ラウンジ」よりも1,900ドル(約23万円)ほど高い設定となっている。

なお、1957エディションの日本市場への導入については残念ながら今のところ発表されていないが、代わりにミント・グリーンのボディにアイボリー&ブラウンのレザーシートを装備した限定モデル「500 Mentorzata(メントルザータ)」が発売中。気になった方は以下のURLから公式サイトをご覧いただきたい。


フィアット 公式サイト:「500 Mentorzata」
http://www.fiat-auto.co.jp/limited/mentorzata/



​By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フィアットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!