【レポート】ヒラリー・クリントン氏、
2016年の米次期大統領選について考え始めるのは早すぎるように思えるが、選挙立候補者たちはすでに選挙活動を始めている。正式に出馬を表明した立候補者の一人、民主党の前国務長官で元ファースト・レディのヒラリー・クリントン氏は、自宅のあるニューヨークから全国遊説の最初の訪問地で選挙激戦区でもあるアイオワ州に向け長距離の旅に出発。リムジンではなく、ハンナ・バーべラ・プロダクション制作アニメ『スクービー・ドゥー』に出てくるミステリーを解決する犬から、クリントン氏自身が「スクービー」と名付けた黒い特別仕立てのバン(上記画像)に乗り、約1,600km離れたアイオワへ向かったようだ。ちなみに、アイオワ州は党候補指名争いの最初の党員集会が開かれる重要州となっている。

自動車情報サイト『Yahoo Autos』によると、このバンはシボレー「エクスプレス」をベースに、特装車両の製作を手掛けるエクスプローラー・バン・カンパニー社がカスタマイズしたもので、タイム誌によれば、防弾車仕様になっているとのことだ。もちろんクリントン氏本人は運転しておらず、これまで公職に就いていたこともありシークレット・サービスが運転しているようだ。

しかし、本来『スクービー・ドゥー』のアニメに登場するバンは「ミステリー・マシン」と呼ばれており、犬のスクービーは黒ブチ模様があるもののほとんど茶色だ。タイム誌によると、クリントン氏は2000年に出馬したニューヨークでの上院選挙の際、茶色のバンで回っていたため、その時に「スクービー」とニックネームをつけ、それ以来この愛称が続いているそうである。

クリントン氏の選挙戦開始はずいぶん早いように思えるかも知れないが、実は今年最初にアイオワ州を訪れた候補者は同氏ではない。大統領選に意欲を見せる共和党の候補者たちが、党員集会に先駆け、少なくとも2倍の後押しを受けようと、すでに何度かサミットでアイオワに集まっている。だが、彼らが使用したクルマのことについては誰も報じていない。


​By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】シボレーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!