Maserati_Siemens Digitalization Forum_Hannover

4月13日から17日開催の世界最大規模の産業見本市「ハノーバー・メッセ2015」でドイツ大手の電機メーカー・シーメンス デジタリゼーションフォーラムにおいて、マセラティ初のEセグメント エグゼクティブ サルーン「マセラティ ギブリ」が特別展示された。

見本市の初日、マセラティとシーメンスは、"ギブリ デジタリゼーションショーケース"を披露。リアルコンポーネントとバーチャルコンポーネントの間の相互作用をギブリがどれだけ明確に表現できるのかといったことを製品側のデータと生産ライン設備側のデータによる"デジタル ツイン"と一緒に紹介し、製造現場におけるインタラクティブなデジタル化がそのテーマ。

Maserati_Siemens Digitalization Forum_Hannover

2015年度の見本市は、数種類の主なテーマの中でも、産業オートメーションと情報テクノロジーが中心テーマであり、製造現場のデジタル化にフォーカスしている点が特徴で、シーメンスはこの分野で最高峰に位置する企業であり、産業用ソフトウェアおよび自動化ソリューションのサプライヤーとしてマセラティの生産現場をサポートしている。
マセラティはトリノに近いグルリアスコに最先端の生産工場を2012年に建設し、2013年に操業開始、現在「ギブリ」と「クアトロポルテ」の生産を行っている。

■マセラティ ジャパン
http://www.maserati.co.jp/