【ビデオ】クルサードがレッドブルのF1マシンで世界一カラフルなドーナツターンを披露!
青、赤、黄色、そして紫で彩られたレッドブルF1マシンは、ベネトンがF1から撤退して以来、グリッドに並ぶ中で最もカラフルなF1マシンだ。だがチームは、インド中部の都市ハイデラバードで開催されたデモンストレーション・イベントで、さらに派手な彩りを加えて見せた。

インドの伝統的なホーリー祭りで使われるカラーパウダーの撒かれたコース上で、見事なドーナッツターンを披露したマシンのステアリングを握るのは、元F1ドライバーのデビッド・クルサード。実に色鮮やかなスモークを巻き上げ、久しぶりに生のF1に触れたインドの観衆を大いに沸かせた。

2013年に開催されたレースを最後に、インドではF1グランプリが開催されていない。インドGPが開催されたブッダ・インターナショナル・サーキットはニューデリー近郊に位置し、今回のイベントが行われたハイデラバードから行こうと思ったら、クルマで北上してほぼ丸1日を要する。インドではレッドブルのF1マシンに乗ったセバスチャン・ベッテルが2011年から2013年まで、3年連続で優勝するほど圧倒的な強さを誇った。







By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ドーナツターンに挑戦する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!