富士重工業は「スバル レヴォーグ」に年次改良を施し、2015年4月21日より発売すると発表。燃費や乗り心地、静粛性が向上したほか、スバル国内初採用となる先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」が新たにオプション設定された。

Related Gallery:Subaru Levorg

スバルによれば、「レガシィ」の築き上げた確固たる地位を受け継ぐべく投入されたレヴォーグには、「常に最新の技術を導入」するという。今回の改良で国内初採用された「アドバンスドセイフティパッケージ」では、先進安全運転支援機能「アイサイト」だけではこれまで出来なかった、後方や側方まで検知・確認する機能が追加され、「さらなる総合安全性能の強化」を図ったという。

パッケージに含まれる新機能は全部で4つ。まず「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)」は、ドアミラーでは見えにくい自車斜め後方を走行中の車両や、隣車線を後方から急接近してくる車両をレーダーで検知し、ドアミラーに付いているLEDランプでドライバーに注意を促す。また後退時には左右から接近して来る車両をレーダーで検知し、衝突の危険性があると判断した場合にはドライバーにLEDランプや警報音で警告する。

「サイドビューモニター」は左側ドアミラーに搭載されたカメラが、ドライバーから死角となる左前方の映像をガイドライン付きでマルチファンクションディスプレイ(MFD)に表示する。路上駐車時や狭い道でのすれ違い時に安心感が高まる。

「ハイビームアシスト(自動防眩インナーミラー付)」は、ルームミラー一体型の単眼カメラが先行車や対向車を検知し、ヘッドライトのハイビームとロービームを自動で切り替える。この自動防眩インナーミラーは、後続車の眩しいヘッドライトを検知すると自動的に反射率を切り替える。

「アイサイトアシストモニター」は従来から搭載されているアイサイトの作動状況や警報に応じて、フロントウィンドウの運転席前にランプを点灯させる。




基本性能の改良については、レヴォーグが欧州でも発売されることになったため、現地で走行試験を行った結果を受けて、(日本ではあまり関係ないですが、とスバルの方は前置きしつつ)特に150km/h以上レベルの騒音を抑えたという。後部座席まわりに制振材や吸音材を追加したことにより、高速走行時の風切り音やロードノイズが低減したそうだ。

加えてビルシュタイン製ダンパーを装備しない標準グレード「GT」系のサスペンションに、フリクションを最適化した新ダンパーを採用。作動時のフリクションの変動を抑えることで、微少なストロークでもダンパーの減衰力が働くようになり、路面の凹凸を乗り越えた際の振動が抑えられ、乗り心地が向上したという。

以上のような改善について、スバルの方は「欧州向けに磨かれた」と表現していた。当初レヴォーグは本当に欧州で販売する予定がなかったそうである。



また、レヴォーグ購入者の8割が選ぶという1.6リッター・エンジン搭載モデルのラインアップからアイサイト非搭載モデルが廃止され、新たにエントリー・グレードとなった「1.6GT EyeSight」のJC08モード燃費が17.4km/Lから17.6km/Lに改善された。これによって2020年燃費基準を達成し、エコカー減税の対象となり自動車取得税が60%、重量税が50%軽減される。

その他の変更点としては、要望が多かったサンルーフがメーカーオプションとして設定されたこと、そしてボディ・カラーでは従来の「ライトニング・レッド」「ギャラクシィブルー・シリカ」に替わって「ピュアレッド」と「ラピスブルー・パール」が用意されたことなどが挙げられる。価格はこれまでと変わらない。

前方だけでなく後方と側方も検知する機能が搭載可能となり、欧州の道に合わせて足回りと静粛性が鍛えられた2015年型レヴォーグ。詳しい情報は以下のURLから公式サイトでご確認いただきたい。


スバル 公式サイト:「レヴォーグ」
http://www.subaru.jp/levorg/levorg/



【PR】レヴォーグの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!