4月12日に閉幕したニューヨーク国際オートショー 2015では、デビューしたクルマや新型モデルを取材するため、米Autoblogのスタッフは混雑した会場を奔走してきた。しかし時には、ほとんど人のいない会場を眺めるのも悪くない。そこで今回は、オートショー主催者がドローンで撮影した場内の映像をご紹介しよう。

この空撮映像を見れば、オートショーに足を運べなかった方にも会場全体の様子を把握していただけるだろう。レクサスビュイックダッジメルセデス・ベンツトヨタBMWなどのブースが一望できるだけでなく、路上で見掛けるのとはまったく違った角度からクルマを見られることも面白い。壮大な音楽に乗せて映し出される自動車の瞑想録のような映像を、是非お楽しみいただきたい。



By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!