Repsol Honda team

MotoGP第2戦アメリカズGPが、12日サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された。
今季初ポールポジション(PP)を獲得したM・マルケス選手(Repsol Honda Team)は、オープニングラップアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手(ドゥカティ)に続いて2番手。夜に降った雨の影響で路面のグリップが悪く、マルケス選手は、その後も慎重な走りで2番手をキープ。5周目には、ドヴィツィオーゾ選手をかわしてトップに浮上した。それからは2分04秒台のペースで後続を引き離し、3秒以上のリードを築いた後半は、後続との間隔を見ながらラップを刻みトップでチェッカーフラッグを受けた。初開催となった2013年から3年連続でM・マルケス選手は、ポール・トゥ・ウインを達成した。

Repsol Honda team Repsol Honda team

一方、前戦カタールで優勝した V・ロッシ選手(Movistar Yamaha MotoGP)は、最後の6ラップでドヴィツィオーゾに抜き返されて3位へ。その後もプッシュを続けたが、フロントタイヤを消耗もありペ ースを上げられず、再度逆転には至らなかった。最終的にトップから3.120秒遅れて3位でゴール。

Movistar Yamaha MotoGP

マルケス選手は、この優勝で今大会3位で総合首位のV・ロッシ選手(ヤマハ)との差を5点とし、今大会2位で総合2位をキープしたドヴィツィオーゾ選手との差も4点へと縮めた。

Related Gallery:MotoGP 2015 2
MotoGP

M・マルケス選手
「今回の優勝はとてもうれしいです。昨日もポジティブでしたが、唯一、天候が心配でした。最終的には思っていたより不思議な一日になりました。そして、ドライレースになると確信し、本当に集中してスタートしました。今日は優勝しなければならないと思っていましたが、1周目から路面のフィーリングが昨日とは違うことを感じました。グリップが足りず、快適に走るのが大変でした。そのため、序盤は落ち着いて走ることに決めて、状況を理解することに努めました。そして、プラクティスセッションのときと同じような感触を見つけ始めてからは、ペースを上げることにしました。それでギャップを広げることができました」

Repsol Honda team Repsol Honda team

V・ロッシ選手
「ウイーク初日の時点で表彰台獲得を目標にしていたので、その後の3日間の経過にとても満足している。このサーキットは僕らに とって相性の良くない場所だけれど、ウイーク全体を見れば、すべてのセッションで4位や5位に入っていたし、ウエットコンディショ ンでもそれほど悪くはなかった。完璧を求めるならドビツィオーゾを倒さなければならなかったんだけれど、残念ながら彼のほうが ちょっとだけ速く、攻め込むチャンスを与えてもらえなかった。それに6ラップか7ラップにわたって激しくプッシュしすぎたので、その あとは少しおとなしく走らなければならなかったんだ。いろいろな原因が重なって、フロントタイヤを消耗してしまったからね。2013 年も2014年も同じような状況だったが、今年は幸い、ブリヂストンが硬めのコンパウンドのものを提供してくれた。おかげで最後ま で走り切ることができたわけだけれど、ダメージも大きかったんだ。ドビツィオーゾが言うには、第12コーナーでのオーバーテイクは かなりリスキーだったとのこと。僕のほうは、マシンからそのようなことを感じることはなかったし、むしろマージンを持って走ってい ると思っていた。確かに激しく接近して抜き差ししたけれど、十分なスペースを保っていたんだ」

Movistar Yamaha MotoGP Movistar Yamaha MotoGP

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp

■ヤマハ発動機 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp