レポート】ランボルギーニCEO、「ウラカンの下位モデルは今のところ検討していない」と発言
Related Gallery:2015 Lamborghini Huracan LP 610-4 Photos

スーパー・スポーツカー市場では現在、ある種の新しいセグメントが形成されつつある。ポルシェ「911カレラ」のような高性能スポーツカーと、フェラーリ「488 GTB」ランボルギーニ「ウラカン」のようなスーパーカーとの間に位置する領域だ。この区域は最近、アウディ「R8」とポルシェ「911ターボ」によって定義されるようになったもので、そこを目指す新たな参入が急速に増えつつある。マクラーレンはつい先日、エントリーモデルとなる「570S」を発表し、フェラーリは新たな6気筒エンジンモデルで「ディーノ」の名前を復活させるかも知れないという情報がある。だがランボルギーニは、少なくとも当分は、全く新しいモデルでこのセグメントに慌ただしく加わるつもりはないようだ。

米自動車雑誌『Car and Driver』がニューヨーク国際オートショーで行ったインタビューによると、ランボルギーニCEOのステファン・ヴィンケルマン氏は「この業界で、絶対にないと言うことは出来ないが」と前置きしつつ、「ウラカンより下位の、より手が届きやすい新型スポーツカーを投入する可能性については、今のところ検討していない」と語ったそうだ。

ヴィンケルマン氏は価格設定と市場規模に関する事情を挙げているが、問題はそれだけではないように思われる。ランボルギーニの属するフォルクスワーゲン・グループは、傘下の様々なブランドが同一のセグメントで競合することを避けてはおらず、前述のアウディ「R8」とポルシェ「911ターボ」が既にこのセグメントに参入しており、そのR8とウラカンは車体構造の上で密接な関わりを持っている。

しかしヴィンケルマン氏は、ウラカンの機能や装備を省略したバージョンで、このセグメントに参入する可能性も示唆している。10気筒エンジンを積むウラカンの価格は現在23万7,250ドル(約2,850万円)からだが、先代モデルのガヤルドが生産終了となる前の価格は19万1,900ドル(現在のレートで約2,310万円)からとなっていた。これは馬力がやや低い後輪駆動の「ガヤルド LP550-2」の価格で、マクラーレンが570Sの価格として発表した18万4,900ドル(約2,220万円)よりわずかに高いだけだ。

またヴィンケルマン氏は、他のモデルについても触れており、プラグインハイブリッド・コンセプトカー「アステリオン」は技術を例示したモデルで市販化の予定がないことや、クロスオーバー「ウルス」の計画は今もなお検討中であること、そしてスーパーカー市場がそれほど急成長しているわけではないと語った。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!