フェルナンド・アロンソ、マクラーレン・ホンダとの契約を最後に引退か?
フェルナンド・アロンソは、3歳のときに父親からマクラーレンホンダのモデルカーを与えられた。彼のF1レーサーへの道のりはここから始まったといえる。そしてアロンソは、そのマクラーレン・ホンダで自身のキャリアを終えたいと考えているようだ。

モータースポーツ情報サイト『Autosport』によれば、2度の世界チャンピオンに輝いたアロンソは、マクラーレンとの契約が終了したら別のチームには移籍せず引退するつもりだという。しかしもちろん、その具体的な時期について明確にしたわけではない。

数々の勝利を収め、巧みなレース運びが定評のスペイン人ドライバーも、今年で現役生活14年目を迎える。2001年にミナルディトロ・ロッソの前身)からF1デビューしたが、翌年はテストドライバーとして1年を送り、2003年から4年間在籍したルノーでは2年連続で世界タイトルを獲得した。2007年はマクラーレンに移籍して4勝を挙げ、翌2008年には古巣のルノーに復帰。2シーズンを過ごすが成績は振るわなかった。2010年に移籍したフェラーリでは5年間で3度、ドライバーズ・ランキング2位でシーズンを終えたものの、3度目のタイトル獲得は叶わなかった。

今季はマクラーレンに戻ったアロンソだが、順調な滑り出しとは言えない。シーズン前のテストセッションでのクラッシュにより開幕戦を欠場し、第2戦マレーシアGPではリタイア。そして4月12日に開催された第3戦上海GPの結果は12位に終わっている。

19歳の若さでF1デビューしたアロンソも、今年7月で34歳になる。2015年のF1参戦ドライバーの中では上から4番目だが、まだあと数年は活躍できる年齢だし、注目を浴びつつも今はまだ苦しい状態にあるマクラーレンとホンダの復活したパートナーシップを、勝利に導きたいと思っているに違いない。未来のことは誰にも分からないが、彼に熱い視線を送る他のチームにとっては残念なことだろう。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アロンソの活躍を期待する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!