TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

2015年3月27日〜29日までの総入場者数、過去最高の13万2,249人(昨年11万3,830人=昨年比116%)を動員し、大盛況となった今年の東京モーターサイクルショー。バイクファンらの視線を集めた注目モデルたちをピックアップし、紹介しよう。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015 TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

まず、「インターモト2014」(ドイツ・ケルン)でワールドプレミアされたドゥカティ話題のニューモデル「Scrambler(スクランブラー)」。エンジンは「Monster 796(モンスター796)」に搭載されていた803ccの空冷2バルブ「Lツイン」で、最高出力72PSを発揮。

デザインや装備内容の異なる4つのスタイルがラインナップされ、もっともベーシックなのがスタンダードの「アイコン(Icon)」(レッド99万9,500円、イエロー101万4,500円)となっている。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015 TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

ほかにダートトラックマシン風の「Full Throttle」、スポークホイール仕様で60〜70年代のテイストを強調した「Classic」、エンジンガードを装着してオフロードイメージを強めた「Urban Enduro」(いずれも119万9,500円)があり、さらに豊富なアクセサリーパーツで自分好みに仕立てることが可能。2015年5月発売予定だ。


TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

KTMはワールドプレミアとして2台のモデルを発表。
日本で盛り上がりを見せる250ccクラスに「RC250」と「250DUKE」をリリースする。
車両重量は、RCで147kg、DUKEではわずか139kgと非常に軽量なものとした。
日本での発売は6月を予定。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015 TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

サスセッティングを可能としたWP製の倒立フォーク、ハードなスポーツライディングに対応したポジション、フルカウルならではのレーシングテイストを持つ「RC250」は62万円。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

大人気のスポーツネイキッドシリーズ「DUKE」の一員として、優れたパワーウェイトレシオを持つ「250DUKE」がデビュー。55万円の価格で売り出す。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

BMW Motorradの「S1000XR」は、アルミツインスパーフレームに並列4気筒エンジンを積む「S1000RR/R」をベースとするクロスオーバータイプ。アップライトな乗車姿勢や長めのホイールベースが与えられているが、タイヤはオンロード重視の前後17インチタイヤを選択している。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

水平対向2気筒エンジンを搭載するRシリーズのベーシックマシン「R1200R」は、フロントサスを既存のテレレバーからテレスコピックフォークに変更するなど、フルモデルチェンジを果たしたばかり。走行状況に応じてスロットルレスポンス、ABS、DTCの特性が瞬時に変更できる「ライディングプロ」が採用された。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

また、BMW Motorrad Japan は、日本のカスタムシーンを創り上げたレジェンド、河北啓二氏(HOT-DOCK CUSTOM-CYCLES)と 永井健次氏(Ken's Factory)とともに、ニューコンセプト"MAKE LIFE A RIDE"のもと、異彩を放つ2台の「K 1600 GTL」を公開した。

河北啓二率いるHOT-DOCK CUSTOM-CYCLES が製作した「JUGGERNAUT」(ジャガナート)は、ミリタリーテイストとスチームパンクテイストを融合。重量感のある仕上がりに注目が集まった。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

永井氏によるオリジナル車両「KEN'S FACTORY SPECIAL」はガーダーフォークをはじめ、アルミ製ワンオフのタンクやハンドル、ヘッドライトカバーなどで独特のプロポーションを演出。タイヤはフロント23、リア20インチと大径ながらローアングルな車体となっていて、カスタムファンの度肝を抜いた。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、「Ace Cafe London」仕様の「Daytona 675R」を展示。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

日本国内で2015年1月31日(土)から限定30台発売の「STREET TRIPLE Rx(ストリートトリプルRx)」もあった。レッドペイント・リアサブフレームやディアブロレッドのホイール、スペシャルデカール、シートカウル、フライスクリーンなどを装備した特別仕様だ。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

「bimota(ビモータ)」の展示スペースには、ドゥカティの空冷1078ccエンジンを搭載する「TESI 3D NAKED」(537万8,400円)らとともに、オフロードモデル「DBx」(483万8,400円)の姿があった。

TOKYO MOTORCYCLE SHOW2015

「DB6」から発展したフレームに、ドゥカティの空冷ユニット1100EVOを搭載。じつに美しいVツインモンスターだ。

■ドゥカティ ジャパン 公式サイト
http://www.ducati.co.jp/index.do
■BMW Motorrad japan 公式サイト
http://www.bmw-motorrad.jp/jp/ja/index.html
■KTM JAPAN 公式サイト
http://www.ktm-japan.co.jp
■bimota 公式サイト
http://www.bimota.jp