レクサスは、4月20日から中国で開催される上海モーターショー 2015でFFのミドルクラス・高級セダン「ES」の次期モデルを公開することを発表し、ティーザー画像を公開した。

1989年に登場したレクサスESは、25年間で170万台以上販売された実績があり、過去には日本でも、「カムリ」のハードトップの上級版として設定された「カムリ・プロミネント」やその後「ウインダム」の名称で販売された時期もあった。

現在日本では、レクサスのセダンとして、既に「LS」「GS」「IS」「HS」がラインナップされており、その販売台数から考えると今回のモデルも日本への投入はなさそうだが、ハリアーのように復活するモデルもあるので、ウインダムとしての投入は日本のユーザーのラブコール次第だろう。

現行モデルは、2012年4月に登場し、3年しか経過していないため、発表されるモデルは、おそらくフェイスリフトをしたマイナーチェンジモデルだろう。

新しいESは、クラシカルな優雅さをクラフトマンシップで具現化したモデルと説明されているが、間もなくその全貌が明らかになる。

レクサス 公式サイト
http://www.lexus.com/

【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!