【ビデオ】グループCレースカーへの情熱から生まれた、英コンテラ社のスーパーカー「MD1」
巷で話題になるスーパーカーと言えば、フェラーリランボルギーニブガッティマクラーレンなど有名大手メーカーのものであることが多い。しかし、我々の興味を大いに掻き立てるクルマの中には、無名の小さなガレージで作られているものもある。英国の新興メーカーであるコンテラ社が製作した「MD1」もその1つだ。

1980年代のレース界を象徴するグループCレースカーに情熱を注ぐデビッド・ハルフォード氏とマイケル・パパスタージオ氏は、自分たちが本当に気に入るスーパーカーがどこにもなかったため、英国南東部のシェピー島のはずれにある納屋で自ら理想のスーパーカーを作ろうと決心。そこで開発されたのが「MD1」である。ドライバーシートをセンターに設置し、その後方の両サイドにジャンプシートを備えた3人乗りのレイアウトはまるでマクラーレン「F1」のようだ。最高出力300hp、最大トルク38.6kgmを発揮する3.0リッターV型6気筒ツインターボは、レクサスに搭載されていたヤマハ製エンジンがベースで、これにポルシェのギアボックスを組み合わせている。しかし、エンジンベイはどのようなエンジンでも入るようデザインされているので、V型12気筒エンジンへのアップグレードも可能だと言う。

「MD1」の一番の魅力は何といっても5万5,000ポンド(約980万円)という価格だろう。ポルシェ「911」ダッジ「ヴァイパー」には少し手が届かない時、購入候補になるかも知れない。では早速英国の自動車情報チャンネル『The BHP Project』のビデオでその姿をご覧いただこう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】MD1の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!