メルセデス・ベンツとルノー・日産アライアンスがピックアップトラックを共同開発
メルセデス・ベンツは今年の3月末に、今後発売するミッドサイズのピックアップ・トラックのイメージ画像を公開し、ピックアップ・トラック市場に参入することを発表した。今はベールに包まれたこの未来の新型車については、日産と共同開発するのではないかという噂があったが、これについてルノー・日産アライアンスの会長兼CEOカルロス・ゴーン氏は詳しい説明を避けてきた。しかし4月7日、メルセデスとルノー・日産はピックアップ・トラックの共同開発を正式に発表。その詳細を明らかにした。

今回の発表で、ダイムラー傘下のメルセデスが発売するピックアップは、完全にグループ内だけで開発するわけではないことが明らかになった。このピックアップ・トラックは、日産の新型「NP300」とアーキテクチャーの一部を共有し、設計およびデザインについてはダイムラーのエンジニアが同社好みのものに変更するそうだ。発表によれば「メルセデス・ベンツらしい特徴、機能をすべて備えることになります」とのこと。また、イメージ画像にある通り、ダブルキャブ仕様となることも明らかにされた。自家用と商用の両方をターゲットとし、欧州、豪州、南アフリカおよび中南米が主な販売市場となるという。ダイムラーAG取締役会長兼メルセデス・ベンツ会長のディーター・ツェッチェ博士は「ルノー・日産アライアンスとの揺るぎないパートナーシップのおかげで、この重要なセグメントへ参入するための時間とコストを大幅に削減することができます」と声明を発表した。

日産はさらに、NP300をベースにしたルノーのピックアップ・トラック開発を助けることで、このプロジェクトでさらに重要な役割を果たすようだ。3ブランドのピックアップ・トラックは2020年末までに、南米市場に向けてアルゼンチンのコルドバにあるルノーの工場で日産が生産を始めるという。また、北米を除くその他の市場向けには、スペインのバルセロナにある日産の工場でも生産が開始される予定だ。コルドバ工場では年間約7万台、バルセロナ工場では約12万台の生産を計画している。

北米市場についてはまだ公式に予定が発表されていないが、このピックアップ・トラックが発売される可能性は十分ある。報道によれば、メルセデスの北米部門は、世界の他の地域に比べてより高級感をアップしたモデルを導入することを検討しており、年末までに決定しなければならないという。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ピックアップ・トラックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!