マクラーレン・オートモーティブは、現在開催中のニューヨーク国際オートショー 2015で、新たなエントリー・レベルとなる「スポーツ・シリーズ」の第1弾として「570S クーペ」を発表した。

Related Gallery:2016 McLaren 570S: New York 2015

今回発表された「スポーツ・シリーズ」は、マクラーレンがこれまで発売して来た「アルティメット・シリーズ」(「P1」および「P1 GTR」)と、「スーパー・シリーズ」(「625C」「650S」「675LT」)に続く、第3のシリーズとしてラインアップされる。その最初のモデルとして発表された「570S」は高性能バージョンという位置づけで、価格は14万3,250ポンド(約2,540万円)からと発表されているが、その下に位置する近々上海モーターショーで発表されるという「540C」(つまり、エントリー・レベル中のエントリー・モデル)なら、12万6,000ポンド(2,234万円)からと、マクラーレンが発売するクルマとしてはこれまでで最も安価な値付けとなる。ちなみに同じイギリスにおけるライバルの販売価格を見てみると、ポルシェの「911ターボ」が12万598ポンド、「911ターボS」が14万2,120ポンドと、明らかに意識...というか、真っ向からぶつけて来ていることが分かる。




カーボンファイバー製シャシーに3.8リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンをミドシップ・マウントし、7速デュアルクラッチ式「SSG」トランスミッションとの組み合わせで後輪を駆動するという基本レイアウトは他のモデルと共通だが、「M838TE」に進化したエンジンは、このモデルのために30%のコンポーネントが新規設計されたという。最高出力はモデル名の数字が表す通り、「570C」では570ps/7,400rpm、最大トルクは61.2kgm/5,000-6,500rpm。0-100km/hを3.2秒で加速し、最高速度は328km/hに達するという。燃費は欧州複合モードで10.87km/Lと発表されている。ちなみに911ターボSは、排気量が同じ3.8リッターながらシリンダー数は2本少ない水平対向6気筒ツインターボが4輪を駆動し、最高出力560ps/6,500-6,750rpm、最大トルク71.4kgm/2,100-4,250rpm、0-100km/h加速3.1秒、最高速度318km/hとなっている。

カーボンファイバー製の「モノセル II」シャシーは、より日常的な使用に合わせてデザインされ、乗降性が向上しているそうだ。高い剛性と受動安全性を備えながら単体で僅か80kgと軽量で、これを覆うボディ・パネルの多くはアルミニウム製。乾燥重量は「ライバルより約150kg軽い」という1,313kgに収まっている。



サスペンションは650Sなど上位モデルと異なり、4輪ダブルウィッシュボーン式にアダプティブ・ダンパーと前後アンチロールバーを装着。セッティングは「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3段階に切り替え可能だ。タイヤは前225/35R19、後285/35R20というサイズのピレリ製「Pゼロ コルサ」。カーボンセラミック・ブレーキは標準装備される。

全長4,530mm × 全幅2,095mm × 全高1,202mmというサイズは、650Sより18mm長く、2mmワイドで、3mm高い。ほんの僅かずつだが、意外にも兄貴分より大きい。前から見ると650Sによく似ているが、特徴はコクピット背後のエンジン・フードに備わる「フライング・バトレス」と呼ばれるデザインと、固定されたリアスポイラー、そして低い位置に設けられたエキゾースト・テールパイプ。後ろ姿はスーパー・シリーズとだいぶ異なる。フロント・ホイールアーチ後方が分割するように開く「フローティング・ドア」は、伝説的なスーパーカー「マクラーレン F1」からの引用だとか。室内空間や荷室はこれまでのマクラーレン製スーパーカーよりも日常的な実用性を重視して拡大されているという。




外観のデザインやパワートレイン、シャシーなどのアーキテクチャを共有する上位モデルと共通のイメージは上手く保ったまま、このスポーツ・シリーズでは、サスペンションやエアロダイナミクスなどの先進的なテクノロジーをいくつか省略することで価格を抑えている。シンプルでコンベンショナルな面を持つこちらの方が好みというエンスージァストもいるかも知れない。今後はオープントップの「スパイダー」をはじめ、様々なバリエーションの登場が予想される。毎日乗れるスーパー・スポーツの購入を検討されている方は、日本導入をお楽しみに。それまでに本業のF1でももっと活躍できるようになるといいのだが。



Related Gallery:McLaren 570S


By Hirokazu Kusakabe

【PR】マクラーレン 570Sの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!