テスラ、全輪駆動で1千万円を切った「モデル S 70D」を発表!
Related Gallery:Tesla Model S

テスラモーターズ ジャパンは4月8日、人気の高級セダンEV(電気自動車)「モデル S」に、2基のモーターを搭載する全輪駆動モデルの新グレード「モデル S 70D」を発表した。

テスラ モデルSに、前輪と後輪をそれぞれ駆動する2基の電気モーターを搭載し、そのトルクを独立的に自動制御する「デュアルモーター AWD」システムを装備する全輪駆動モデルは、超強力なパフォーマンスによって世界中のスーパーカーをドラッグレースで打ち負かすモデル S P85D」が注目を浴びているが、今回新たに追加された「モデル S 70D」はその数字が表す通り、70kWhというやや控え目なバッテリーを搭載する代わりに、全輪駆動のモデル Sで最もお求めやすい937万円からという価格(消費税込み)を実現した新グレード。それでも2基のモーターは合計で245kW(334ps)という最高出力を発生し、0-100km/h加速は5.4秒、最高速度225km/h、0-400mを13.5秒で走り抜けるという充分な動力性能を発揮する。気になる航続距離は442km(欧州NEDC値)と、こちらも充分と言えるだろう。

しかもこの最新のモデル Sには、前方を監視するカメラとレーザー、そして360度超音波センサーをリアルタイムの交通情報と組み合わせ、自動的に周囲の交通に合わせて速度を調整したり、道路に沿ってカーブを曲がる自動運転機能のためのハードウェアが標準装備されている(ソフトウェアによる機能の有効化はオプション)。方向指示器をタップすれば自動的に車線変更するし、駐車場では空いているスペースを見付けて自動的に駐車する。しかもこのシステムは、ソフトウェア・アップデートによってこれからも徐々に新機能が追加されていくという。

自動緊急ブレーキや車線逸脱警報、パーキングセンサーなどの安全機能は標準で装備。もちろん独自の急速充電「スーパーチャージャー」に対応し、車載充電器にチャデモ用充電アダプター、巨大な17インチ タッチスクリーンによるナビゲーション機能(日本では2015年夏より対応予定)なども付いて来る。さらに全面ガラス製パノラミックルーフや、レザーシートにお子様用3列目シート、12スピーカーのウルトラHi-Fiサウンド、スマートエアサスペンションなど豊富なオプションも用意されている。

また、今回の「70D」発表と同時に、すべてのモデル Sに「オーシャンブルー」「オブシディアンブラック」「ウォームシルバー」という3色の新しいボディ・カラーが追加された。特に写真のブルーは、モデル Sに今までなかった新鮮なイメージを感じさせる。

全輪駆動を備えながら1千万円を切ったことで、これまで以上の人気となることは確実と思われるモデル S 70D。納車は8月下旬以降に開始される予定だという。詳しい情報は以下のURLから、公式サイトでご確認を。


テスラモーターズ ジャパン 公式サイト
http://www.teslamotors.com/jp/



【PR】モデル Sの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!