【NYオートショー2015】アグレッシブな印象がプラスされた、新型シボレー「マリブ」
Related Gallery:2016 Chevrolet Malibu: New York 2015

Related Gallery:2016 Chevrolet Malibu

近頃の中型セダンは、フォード「フュージョン」起亜「オプティマ」クライスラー「200」などに見られるように、スタイリングの向上が顕著だ。その中で、見た目の平凡なシボレー「マリブ」は苦戦を強いられて来た。

しかし、現在開催中のニューヨーク国際オートショーでデビューした新型マリブに、その心配はないだろう。興味深い要素をシンプルに詰め込んだモデルに仕上がっており、広くアグレッシブなフロントグリルや、表情豊かなフェイスを作り出すヘッドライト、少し角度の付いたLEDデイライトなどは、フルサイズセダン「インパラ」よりも荒々しい弟であることを示している。

リアのエクステリアにもインパラの影響が見て取れるが、鋭く切れ上がったテールランプや、幅広のデュアル・エキゾーストパイプなどを(少なくともシボレーが会場で展示していた2.0リッターのターボモデルは)装備しており、フロントと同様にかなりアグレッシブさが加えられている。そしてサイドには、先代モデルにはなかったキャラクターラインが刻まれた。

スポーティとも言えるエクステリアとは対照的に、ブラウンとベージュでまとめられた室内空間はリラックスできる雰囲気だ。ダッシュボードの中央には4G LTE回線を利用した「MyLink」インフォテイメントシステムのタッチスクリーンが装備され、メーター・バネルの中にもドライバー専用のディスプレイが備わる。3本スポークの分厚いステアリングホイールは少し大きめの部類に入るが、操作しやすそうに見える。

ドライブトレインは、160hpの1.5リッター・ターボ+6速ATと、150hpの2.0リッター・ターボ+8速AT、そして1.8リッター直噴4気筒エンジンに2個の電気モーターを組み合わせたハイブリッドが用意される。これはシステム合計で182hpを発生し、都市部の燃費は48mpg(約20.4km/L)を達成するという。

詳細は米国版Autoblogの紹介記事プレスリリース(英語)シボレーの公式サイトをご覧いただきたい。



By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】「マリブ」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!