DUCATI Scrambler

その2 インポート編Ⅰ
バイクのある生活の妄想をかき立てるニューモデル DUCATI『Scrambler』

前回、東京モーターサイクルショーで、世界に先駆けて発表されたKTMのRC250 & 250 DUKEを紹介したが、まだまだ気になるモデルは満載。ということで引き続きインポート編。

DUCATI Scrambler

女性的に(女性じゃ無くても?)気になるニューモデルといえば、DUCATIの『Scrambler(スクランブラー)』。昨年発表されてから、楽しそうな映像や画像が本国のイタリアから届いているが、ニューモデルとしてのバイクの紹介、というよりも「バイクのある生活」という、ライフスタイルそのものを謳っているような印象を受けていた。今、バイク業界ではこんな新しいカタチでのバイクの売り出し方が主流となって来ているようで、このバイクでどんなところに行こう、何をしよう、何ができるのかな? と、ただ速く走るための道具としてでは無く、もっと生活の一部となるような、ライダーじゃなくても身近に感じられるような、夢を見せてくれるようなプロモーションを見せてくれている。そんなメーカーの中でもとりわけ精力的に、ファッション誌をはじめとするバイク業界外とタッグを組んだ展示やイベントを行っているのが、このイタリアンブランドの『DUCATI』だ。日本人なら誰もが知っている国産メーカーとは違い、バイクに興味が無い人にも知って貰えるようなこのアピール効果は絶大! イタリア=カッコイイ!という刷り込みも加わり、ハーレーとまでは行かないが、海外スポーツバイクの代名詞として徐々に知名度はあがりつつある。バイク乗りにだけわかってもらえればいい。という昔のスタイルとは徐々に変わりつつあるのだ。日本でのバイクのイメージアップにも一役買ってくれている、と思えるほど、さまざまな活動も行っている。
Related Gallery:DUCATI Scrambler

東京モーターサイクルショーでも、スクランブラーの展示はそれぞれに持つ4つのイメージを表現したコンテナが用意され世界観を表した。
スタンダードな『ICON』、スポーティーな味付けをした『FULL THROTTLE』
オフ寄りの『URBAN ENDURO』
シートや復刻ロゴなどでヴィンテージな雰囲気に仕上げた『CLASSIC』。

DUCATI Scrambler DUCATI ScramblerDUCATI Scrambler DUCATI Scrambler

そもそも、スクランブラーとは、モデル名というよりもバイクの種類で使われることもあり、トライアンフにも『スクランブラー』というモデルが存在する。1960年代にダートも走れるようにロードバイクをオフロード仕様に改造したのが始まりとされており、DUCATIでも1962年に発表された、シングルエンジンを搭載した『スクランブラー250』というモデルがあった。この名前を受け継いで、50年余りを経て復刻したのが「スクランブラー」ということになる。もちろん昔のイメージを受け継ぎながらの新設計。排気量803ccの空冷2バルブ「Lツイン」を搭載しての登場となった。

DUCATI Scrambler

コンテナに囲まれていたため、跨がれなかったのが残念だが、スペック上で見るその数字から想像すると、車重が186kgと800ccクラスにしては軽いので女性でも楽しめそうというのが第一印象。シート高は790mm(オプションのローシートにすると770mm に)しかし、思っていたよりも少しだけゴツく感じた。

DUCATI Scrambler DUCATI Scrambler

シングルエンジン時代のスクランブラーを想像していたので、もうすこしスリムになるかなぁと、勝手に妄想していたのだが......。でも、800ccもあるんだから、これ以上スリムだったら怖いかもしれない。とか。こればかりは乗ってみなければわからない。それにしても、むくむくとカスタム意欲が沸いてくるバイクで、自分だったらこうしたい! と、盆栽の欲望と妄想が暴走し始める。完璧、もいいけれど、手を入れる場所を残してくれる、そんな提案もあるんだな、と改めて感じたバイクでもある。日本への導入は5月頃となる予定だ。

Ducati Scrambler
■SPEC
◎全長×全幅×全高:2100-2165×845(ミラー含む)×1159mm ◎ホイールベース:1445mm ◎シート高:790mm ◎車両重量:186kg (URBAN ENDURO 192kg、CLASSIC 129.5kg)◎エンジン型式:空冷4ストロークL型2気筒SOHC 2バルブ ◎最大出力:72hp(54 kW)/ 8,250 rpm (日本仕様) ◎最大トルク:67Nm/5750rpm (日本仕様)◎排気量:803cc ◎ボア×ストローク:88×66mm ◎燃料タンク容量:13.5L ◎フロントタイヤ:110/80ZR18 ◎リアタイヤ:180/50ZR17

■DUCATI JAPAN 公式サイト
http://www.ducati.co.jp/