Related Gallery:Subaru STI Performance Concept

Related Gallery:Subaru STI Performance Concept: New York 2015

富士重工業は、4月1日に開幕したニューヨーク国際オートショー 2015において、「STI Performance Concept」を世界初公開した。

後輪駆動のスポーツクーペ「スバル BRZ」をベースとするこのコンセプトカーは、富士重工業のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)が、「今後の米国での事業拡大に向けて、その主要事業内容であるパーツ・ビジネス、コンプリートカー・ビジネス、モータースポーツ活動を表現」するために、「STI製サスペンション、ブレーキ、内外装部品等を含めて、一台のコンセプトカーとして提示することで、STI のパーツ・ビジネスとコンプリートカー・ビジネスを具現化」したものであるという。



フロントに搭載される水平対向"ボクサー"エンジンは、市販車の2.0リッター自然吸気「FA20」型に換わり、SUPER GTのGT300クラスに参戦する車両からレース用の「EJ20」型2.0リッター4気筒ターボを移植。前後フェンダーがワイドに拡げられたボディには、大型リア・ウイングやルーフ、ディフューザー、サイドシル、ドアミラーなどカーボンファイバー製パーツが多用され、ドア・ハンドルもアルミ製と思われるレーシィな細いバーとなっている。カラーリングはお馴染みのブルーだが、よく見るとメタリックではなく光沢を抑えたマットな塗装で仕上げられている。



足回りはビルシュタインと共同開発したダンパーとチェリーレッドに塗られたコイルスプリングを組み込み、19インチ・ホイールに今年からSUPER GTシリーズでパートナーを組むダンロップ製の前225、後245幅「SP SPRT MAXX TT」タイヤを装着。バケットシートが備わるコクピットは、カーボンファイバーを使用したインジケーター付きステアリング・ホイールが装備され、センターコンソールにはタイヤ温度、Gメーター、ストップウォッチ、スロットルとブレーキの状況を表示するディスプレイが搭載されている。




もちろんこのコンセプトカーはSTIの技術とブランド・イメージを米国の顧客にアピールするために製作されたショーケースであり、このままコンプリートカーとして市販化されることはまずないと思われる。富士重工業は2014年5月に発表した新中期経営ビジョン「際だとう 2020」の中で、2020年にありたい姿を「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」とし、その実現に向け「スバルブランドを磨く」「強い事業構造を創る」の 2つの活動に集中して、付加価値経営をさらに進め、環境変化への耐性を高めることに取り組むことを宣言した。その「強い事業構造を創る」取り組みの1つである商品戦略において、STIブランドの活用拡大が掲げられており、今回の「STI Pergormance Concept」出展はその端緒となるという。さらに最近スバルの販売が好調な米国市場では、新たに「スバル・パフォーマンス・チューニング(SPT)」というブランドで、パーツやアクセサリーの販売を開始することも発表された。




スバル BRZは2012年の発売から3年が経過。メーカーが取り組む真摯な年次改良によって熟成は進んでいるものの、そろそろ次なるドラスティックな展開を期待する向きも多い。Autoblog米国版では、2017年モデルとしてバリエーションを追加すること等が日本で検討されているらしいと報じているが、それは果たして如何なるモデルか。ターボ、コンバーティブルの可能性が(もはや)薄いとなれば、2013年の東京モーターショーに出展された「SUBARU CROSS SPORT DESIGN CONCEPT」のようなモデルの可能性も...。いずれにせよ、米国での販売増進がBRZの未来に明るい光を灯すことになるよう期待しよう。

スバル 公式サイト
http://www.subaru.jp/


Related Gallery:Subaru STI Performance Concept: New York 2015

Related Gallery:Subaru STI Performance Concept


By Hirokazu Kusakabe

【PR】BRZの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!