Related Gallery:2016 Porsche Boxster Spyder: New York 2015

Related Gallery:2016 Porsche Boxster Spyder

4月1日に開幕したNY国際オートショー2015で、ポルシェの「ボクスター スパイダー」が新型になって帰って来た。我々は、この先代モデルが本当に大好きだった。ドライバーの楽しみという1点だけにフォーカスしたシンプルの極みのようなロードスターで、車内のドアハンドルがストラップになっていることさえ気にならなかった。そして今回の新型モデルは、さらに愛すべきクルマとなっているようだ。

ミドシップに搭載する水平対向6気筒エンジンは排気量が3.8リッターにまで拡大され、最高出力は375ps/6,000rpmに向上。これに組み合わされるトランスミッションは6速マニュアルのみで、0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は290km/h。しかし、この新型スパイダーの素晴らしさはパワーだけではない。先代モデルと同様に手動開閉式のファブリック・ルーフを採用するため「ボクスター」シリーズの中で最軽量であり、車高は標準モデルより20mm低く、ブレーキは「911カレラS」用を採用。そして、ものすごくカッコいい。

軽量化のためインテリアはシンプルそのものだが、それは問題ない。必要ならオーディオやエアコンなどはオプションで追加できる。日本では4月15日から予約受注が開始され、価格は税込1,012万円となっている。繰り返しになるが、このボクスター スパイダーは、ドライビング・ダイナミクスを提供することを使命とした、感覚に訴えるスポーツカーである。快適装備は追加できるが、必須ではない。早く乗りたくて待ちきれないが、まずはニューヨークから届いた映像と写真でお楽しみいただきたい。詳細は日本のポルシェ公式サイトをどうぞ。

ポルシェ 公式サイト:「ボクスター スパイダー」




By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ポルシェの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!