Related Gallery:Yamaha 03Gen-f scooter concept
ヤマハは、「Refined Dynamism(洗練された躍動美)」という独自のデザイン・フィロソフィーに基づいたデザイン・コンセプト・モデルの第3弾となる「03GEN」の名を冠した2タイプの3輪スクーターを発表した。

今回発表されたのは、フロント二輪のリーニングマルチホイール(LMW) 「TRICITY」をベースにした「03GEN-f」と「03GEN-x」の2モデル。"フューチャーレーシング"をテーマとした「03GEN-f」は、同社のレーシングイメージと未来感を視覚的に表現。一方、"クロス"がテーマの「03GEN-x」は、"スクランブラー"と呼ばれた未舗装時代のオフロードテイストと、三輪むき出しの先進的な骨格を掛け合わせたデザインとなっている。

昨年、ヤマハが欧州や日本などで販売を開始した3輪スクーター「トリシティ」は、燃費効率が良くメンテナンスも簡単な都市交通手段として関心を集めている。車体の前後重量配分を50:50に設定し、排気量125ccの4ストロークエンジンを搭載。車両総重量は152kgで、価格は33万円(ABS装着モデルはそれぞれ156kg、37万円)。もちろん、こちらもLMW仕様となっている。

2台の03GENは今のところ単なるデザイン・コンセプトだが、市販化されたらトリシティをしのぐ人気となるかもしれない。イメージビデオによれば、ギタリストやハイカー、ダンサーまでもが虜になるという。早速チェックしてみよう。



By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ヤマハのバイク購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!