HONDA SUZUKA 8 HOURS

 ホンダ・レーシング(HRC)は、2007年と2011年の2度のMotoGPチャンピオン獲得経験を持つケーシー・ストーナー選手が、「2015 FIM 世界耐久選手権シリーズ第2戦"コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会」(決勝7月26日)に参戦することを発表した。

 ストーナー選手は、ホンダマシンで2013年と2014年の鈴鹿8耐を連覇している「ムサシ・アールティ・ハルクプロ(MuSASHi RT HARC-PRO)」から参戦。ライダー3名体制となり、チームメートは、スーパーバイク世界選手権に参戦しているマイケル・ファン・デル・マーク選手と、全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦し、HRCテストライダーも務める高橋巧選手。Honda CBR1000RRは、現在鈴鹿8耐を5連覇中。2015年は、6連覇を目指して臨む。

HONDA SUZUKA 8 HOURS

 ストーナー選手は、今年初めにHRCとのテストライダー契約を更新し、1月にマレーシアのセパン・サーキットで行われたテストでは、鈴鹿8耐仕様のCBR1000RRで走行した。

■ケーシー・ストーナー選手
「今年初めにセパンでのテストに参加して以来、Hondaと鈴鹿8耐の参戦について話し合ってきました。ずっと出てみたいと思っていたレースですが、MotoGP時代はスケジュールの問題で不可能でしたから、今回の参戦が本当に楽しみです。8耐仕様のマシンは、MotoGPのものとは大きく異なりますが、私にとっては新たなチャレンジとなる良い機会です。また、チームメートとなるマイケル・ファン・デル・マーク選手は今季さらなる成長が期待され、高橋巧選手も8耐マシンでの参戦経験が豊富にあります。2人に多くのことを聞き、7月の本番に向けて準備しなければなりません。今はまず、レースに向けてしっかりとトレーニングをしたいと思います」​

■ホンダ・レーシング 公式サイト
http://www.honda.co.jp/HRC/