TESLA MODEL S

テスラで雪道を走る。
え、本当?って思った。心配は色々ある。かねてより真しやかに囁かれる「EVは寒冷地に弱い」伝説なんて、その最たるものだと思う。
しかし、テスラモーターズジャパンが手ぐすね引いて「どうぞどうぞ乗って下さい」というからには、その辺きっちり抜かりないのだろう。こっちも勇んで軽井沢駅に降り立つに決まっている。
しかしですよ。トンネルを抜けても、そこには雪のゆの字もなかったのだ。あるのは路肩に押しやられた、いつ降ったやら分からないくらいに小さく黒く固まった元・雪であっただろう物体だけ。

TESLA MODEL S SNOW

今年はあっけないくらいに冬が短かった。三寒四温とは言うけれど、日によっては2月だってそこそこ春みたいに柔らかな風が吹いていた様に思う。と思えばいきなり寒風に頬殴られたりもして、なんなのこれは、と冬物と春ものを代わりばんこに節操なく羽織る日々だ。
軽井沢での試乗会はまさにその三寒四温の"温"にあたる日で、悲しい位に乾いたグレーのアスファルト路面を、まるでこんこんと沸く泉のように豊かなモデルSのトルクに心癒されながら、私達は往生際悪く雪を求めて走り始めたのである。

TESLA MODEL S SNOW

テスラは、アメリカ・カリフォルニア州の通称シリコンバレーに本社を構えるベンチャー企業だ。今やITの聖地として世界中の有能なエンジニアを、まるでクジラがプランクトンを捕食するがごとくガボガボと飲み込んでいる。全米一理想的な気温と言われる彼の地は年間300日が晴れ。乾燥している為、朝晩の寒暖差は激しいが、その分湿気に弱いITモノの製作にはそりゃドンピシャで適しているという訳だ。もちろん精密機器オバケのようなEVだって、例に漏れない。
となると、我々のように高温多湿の豪雪地帯という、世界的にも類を見ない珍気候エリア在住人種には不安が多い。

TESLA MODEL S SNOW TESLA MODEL S SNOW

そんな我々に朗報があったとすれば、モデルSのバッテリーに使われているリチウムイオン電池はパナソニック製だということ。あらゆる意味で守備範囲と完成度の高い信頼の日本製なのだ。しかも既にパソコンと形状は同じ円筒形の中身は電気自動車用にパナソニックが開発したものだと聞けば、自分が作った訳でもないのに誇らしい気分になるのは何故。そして実際、日本よりも緯度の高いノルウェーが、事実かなりのEV補助金があるという理由があるにせよ本国アメリカに次いで二番目のマーケットとなっているのだから、北緯50度線を軽く超える激烈なる寒冷地での審美眼に、結果的に叶っているとも言えるのではないだろうか。

Related Gallery:TESLA MODEL S SNOW

なんてことを考えながら、日本の寒冷地であるはずの軽井沢から、雪を求めて群馬方面への県境を山に進む。ひたすらEVの無音空間で黙々と運転するのもアレなので、モデルSお得意のインターネットラジオに沈黙を埋めてもらうことにした。

TESLA MODEL S SNOW

私事で恐縮だけど、私はこのテスラのオーディオの音が本当に大好きだ。適度にシャリ感がある、ウーハーが鳴りすぎていない今っぽいサウンドはまさに西海岸のもの。ドルビー製のサウンドシステムながら、同社独自のチューニングがなされている。だからいつもこのクルマに乗る度に心がロスに仮想トリップしてしまうのだが、この時だって雪に荒れた県境のワインディングが、サンタモニカからトパンガ・キャニオンを辿るブルヴァードの様に見えていた。おめでたいかもしれない。

TESLA MODEL S SNOW TESLA MODEL S SNOW
Photo:TESLA MODEL S P85+

しかしそれにしてもインターネットラジオは山道を登ろうが、恐ろしいほどにどこまでも途切れない。モデルSはクルマ本体自身が3G回線を受信する『走るスマホ』状態だから、ケータイと同じく3G回線をキャッチできるところならどこでもインターネットラジオを楽しめる。いや、モデルSの底力よりも、まるで逃げ場のないくらいにどこまでも回線が飛び回っている日本の電波網にもやや恐怖を感じてしまった。もはや日本に逃げ場なし、である。結果配信が中断したのは、山頂付近のわずかなエリアだけだったのだ。

TESLA MODEL S SNOW

もちろんそんなヨタ妄想に心を委ねられる程、ハンドリングは実に爽快だ。ここにきてヒシヒシと感じたのは、日本の山岳エリアのような急峻な登坂ワインディングロードにおいて、モーターから発せられる底なしの極太トルクはかなり爽快。カーブの強さに少しアクセルを緩めて旋回しても、コーナー出口からペダルに少し足をのせるだけで強大な推進力が登坂の勢いを息継ぎなく後押しするのだ。

TESLA MODEL S SNOW TESLA MODEL S SNOW

そうして鼻歌交じりにたどり着いた山頂に、嗚呼夢にまで見た雪は残されていた。が、これは雪と呼んでもいいものだろうか?存在自体は軽井沢駅前に残されていた黒い氷塊となんら変わらない。以前積もった雪がここのところの陽光で溶け、標高の高いせいで朝晩凍結する。その上をクルマが行き来することで、無残にも路面は磨き上げられた鏡のようになっていたのだ。

TESLA MODEL S SNOW

そう、ここまで来ると2トンを超える重量+423ps/ 600Nmの弩級スペックが足かせに変わる。うっかりラフな操作をすると、トルクが悪さをはじめるのだ。アクセルを踏んだら即座にグザグザに溜まった雪だまりに足を取られ、スタックしてしまう。

TESLA MODEL S SNOW TESLA MODEL S SNOW

モデルSにはもちろんトラクションコントロールが入っているが、この様な超低μ路では、コントロールされ過ぎて駆動が後輪にかかりすぎる。コーナリングの最中だって制御がゴリゴリ介入を始め、車内はけたたましいアラートで満たされた。あまりに恐ろしいので逆にトラクションコントロールを、お得意の17インチモニター上でOFFにする。

TESLA MODEL S SNOW

すると、自動的にトルク配分がなされないことで確かに後輪の空転もなくなり、スタックすることはなくなった。しかし、である。トラクションコントロールなしで走り続けることは、もはや保険なしで一般道を走るのに近い怖さがあるのも否めないのだ。

TESLA MODEL S SNOW

実はモデルSにはスタッドレスタイヤの設定がない。推奨されるのはピレリのスノータイヤ、ソットゼロ セリエⅱ(SOTTOZERO WINTER240 Serieⅱ)。もちろん今回もソレを装着していた。これが惜しい。
日本人なら誰でも知っている通り、日本の雪は難しい。四方を海に囲まれ、大陸のほとりに位置するからこそ湿った空気が流れ込む世界でも有数の豪雪国でありながら、サラサラと乾燥した雪が降るのはほんの一部の地方と少しの季節だけ。後はこんな風に溶けて凍ってを繰り返した挙句、ミラー路面をあちこちに作り上げてしまう複雑な気候なのだ。スノータイヤだけでは心もとないと切に感じた。

TESLA MODEL S SNOW TESLA MODEL S SNOW

この"踏んで楽しい"モデルSのトルク特性は、この様な日本の雪道で氷状路面を掴むには有り余り過ぎる。結果、そろりそろりとおかなびっくり踏み足すことになり、愉快とは程遠いドライブになってしまう。
出来れば来年には、純正仕様でスタッドレスが入ってくれれば、更に雪国に販路を拡大できると感じた。もしくはテスラお得意の配信型アップデートで、スノーモードの設定をプラスしてくれても良い。
雪道でのパフォーマンス、というより温暖な西海岸に本社を構える、まだ新しい会社テスラモーターズならではの課題点を垣間見た今回の試乗。

TESLA MODEL S SNOW

雪国でパフォーマンスを見せるモデルS、実は私が一番試してみたいのだけど。

テスラモーターズジャパン 公式HP
http://www.teslamotors.com/jp/