【ビデオ】ジャガー、初公開された新型「XF」が水上を綱渡り!
Related Gallery:Jaguar XF

ジャガーは、フルモデルチェンジした新型「XF」を、ロンドンのビジネス街で水上を綱渡り走行するという演出で世界初披露。その様子を収めた動画と車両の概要を公開した。

今回の発表の舞台となったのは、ロンドンのカナリー・ワーフにある埠頭。『007』や『ボーン・プレマシー』、『インディ・ジョーンズ』などのアクション映画シリーズに出演した英国人の熟練スタントマン、ジム・ダウデル氏が白い新型XFのステアリングを握り、水上に張られた直径34mmの2本のワイヤー上を240mにわたって走行、アルミニウムが多用されたボディの軽さを実証してみせた。





レトロなデザインが物議を醸した「Sタイプ」の後継として2007年に登場した初代XFは、それまでのジャガー・サルーンが感させた"伝統を重んじる英国紳士"のようなイメージを打ち破り、新時代ジャガーの幕開けを颯爽と告げるアッパーミドル・サルーンだった。2代目となる新型ではその方向を継承しつつ、ボディの約75%にアルミニウムを使用することで、先代型と比べ最大で190kgも軽量化、ねじり剛性は最大28%も向上しているという。全長は7mm短く、車高は3mm低くなっているものの、ホイールベースは51mmも延長されて2,960mmとなり、車内スペース、特に後部座席はクラス最高レベルの広さを確保したとジャガーは言う。ついに伝統的な「丸目4灯」も捨て、ジャガー初となるフルLEDヘッドライトが採用された。なお、今回ロンドンで公開されたモデルは、前後のバッジから分かるように「S」仕様であるため、ベース・グレードは内外装が一部異なることも予想される。




ジャガー自慢の2.0リッター「INGENIUM」ディーゼル・エンジンには、最高出力163ps/最大トルク380Nm(38.8kgm)と180ps/430Nm(43.9kgm)という2種類のチューンが用意され、トランスミッションは特別に最適化が図られた6速MTまたは8速ATから選択できる。特に180psエンジンと6速MTの組み合わせは車重も「競合モデルより約80kg軽く」なるそうで、ハイブリッド車を除けば「セグメントの中で最も軽量かつ効率のよいモデル」になるという。

エンジンは他に、最高出力240ps/最大トルク340Nm(34.7kgm)を発生する2.0リッター直噴ガソリン・ターボと、340ps/450Nm(45.9kgm)もしくは380ps/450Nm(45.9kgm)という2つの3.0リッターV6スーパーチャージド・ガソリン・エンジン、そして最高出力300ps/最大トルク700Nm(71.4kgm)を発揮する3.0リッターV6ツインターボ・ディーゼルが用意され、いずれも8速ATが組み合わされる。




基本となる後輪駆動モデルには、悪条件下での低速走行のために開発された「オール・サーフェス・プログレス・コントロール(ASPC)」を搭載。ブレーキとアクセルを自動で調節し、「可能な限り最適なトラクションを提供することにより、スリップしやすい路面でもスムーズな走行を可能に」するという。ドライバーはステアリング操作のみに集中すればいい。

一部の市場向けには、トランスファーにギアの代わりにチェーンドライブを用いた全輪駆動(AWD)も用意され、これには「後輪駆動のハンドリングにAWDがもたらすパフォーマンスとトラクションにおける利点を提供」するという「インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)」が搭載される。

サスペンションは前ダブルウィッシュボーン式、後インテグラルリンク式。状況に合わせてダンパー設定が最適化される「アダプティブ・ダイナミクス・システム」もグレードによってまたはオプションとして用意されるようだ。

一層モダンになったインテリアは、10.2インチ・タッチスクリーンを装備した新開発の「InControl Touch Pro」システムを搭載。横長のディプレイには「デュアルビュー」技術が採用されており、例えばドライバーがナビゲーションなどの情報をチェックしている間、助手席の乗員はTVやDVDを視聴することも出来るという。計器類は、表示設定が変更可能な12.3インチTFT「インストゥルメント・クラスター」が、ジャガー・ランドローバーのこのクラスでは初めて採用された。



先代に続いてXFのデザインを指揮したジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏は次のように述べている。

「新型XFの開発にあたって、デザイン・チームとして、"簡潔であること(simplicity)"を常に意識してきました。XFのエクステリアのあらゆるラインには明確な意図があり、無駄なラインはひとつもありません。簡潔さを実現するには時間と揺るぎない決意が必要です。車にラインを1本足すのは実に簡単なことですが、ラインを入れずに特徴を加えるのは、とても難しいことなのです。

インテリアについても同様、快適であると同時に癒される空間にしたいという思いを強く抱いていました。 新開発の10.2インチ・タッチスクリーンをはじめとする新技術も、温かみと安心感を与える素材を慎重に選び組み合わせています。新型XFは、エクステリア、インテリアともに、落ち着きと力強さを明確に表現しており、それらを実現したデザイン・チームを誇りに思います。」



内外装のデザインはキープ・コンセプトのまま先代から正常進化と言えそうだが、アルミニウムを多用したボディや新世代ディーゼル・エンジン、車内のハイテク装備など、技術の進化はそれ以上に大きく進んでいる。なお、今回のイベントは"顔見せ"に過ぎず、詳細なスペックやグレード・ラインアップについては、4月1日にNY国際オートショーの会場で明らかになる予定だ。


ジャガー 公式ウェブサイト
http://www.jaguar.co.jp




【PR】ジャガーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!