【噂】トヨタ、WRCに参戦する「ヤリス(ヴィッツ)」のストリート・バージョンを計画中?
Related Gallery:Toyota Yaris WRC

新型ホンダ「シビックTYPE R」の登場は、日本の自動車メーカーがヨーロッパに引けをとらないホットハッチを製造できると示してみせた。一方、トヨタ世界ラリー選手権(WRC)復帰参戦を契機に、「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)でホットハッチの戦場に戻ってくるようだ。

トヨタは今年1月、ヤリスをベースとしたラリーカーで2017年までにWRCに参戦する意向を発表しているが、そのホモロゲーション(型式認定)取得のため、参戦前にストリート・バージョンが発売される可能性が高いのだ。

競技用車両には、ドイツに本拠を置くトヨタのモータースポーツ部門、TMG(Toyota Motorsport GmbH)が手掛けた、FIA(国際自動車連盟)のレギュレーションに準拠する1.6リッター4気筒ターボが搭載されるはずだが、オーストラリアの自動車情報サイト『motoring.com.au』によれば、公道仕様モデルにはレクサス「NX 200t」が搭載する2.0リッター4気筒ターボが採用される見込みだという。駆動方式は複雑な4輪駆動化は行わず前輪駆動のままとなるが、6速MTとLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)を装備し、ボディはワイドに拡げられたフェンダーやリアウイングなど、ラリーカーとのつながりを感じさせる変更が施されるそうだ。

生産台数はシトロエン「DS3レーシング」フォルクスワーゲン「ポロWRCストリート」 と同様に、
ホモロゲーション取得に必要な2,500台の限定になる可能性が高い。価格も両車に近い3万4,000ユーロ(約450万円)近辺に設定されると思われる。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】「ヤリス」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!