ポール・スミスが手掛けた、パッチワークのようなランドローバー「ディフェンダー」
Related Gallery:Land Rover Defender by Paul Smith

ファッションデザイナーとコラボレーションしたクルマの話は枚挙に暇がないが、その多くはヨーロッパの街乗り用車(グッチによるフィアット「500」やマンゴによるセアト「Mii」など)か、フォードのファミリー向け乗合車(エディバウアーによる「エクスプローラー」やノーティカによる「マーキュリー・ヴィレジャー」など)だった。しかし今回ご紹介するモデルは今までにない、クリエイティブで武骨なスタイルとなっている。

このランドローバー「ディフェンダー」は、自身もディフェンダーを何台も所有してきたというイギリスのファッションデザイナー、ポール・スミス氏がデザインに携わったもの。ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズとコラボレーションし、チーフデザイナーのギャリー・マクガバン氏の協力のもと、スミス氏自らがカラーリングを手掛けたそうだ。"英国の田園地帯"に着想を得たということでパッチワークのように様々な色に塗り分けられているが、使用した27色はまた、軍用車として使用されていたランドローバーのイメージを継承して選ばれているという。

内装もまたスミス氏のアイディアによって変更が施されている。シート部分はブルーのステッチをアクセントに、ブラックレザーとマハラム社の生地を使用。トリムはマットサテン仕上げとなっている。他にもルーフにはミツバチ、グローブボックスの中には鍵が描かれるなど、随所に仕掛けが隠れている。好みは分かれるだろうし、是非欲しいという人もそうでない人もいるだろうが、今のところは世界にたった1台のワンオフモデルとなる。現在、ロンドンのメイフェア地区にあるポール・スミスのフラッグシップ店に展示中だ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ディフェンダーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!