Related Gallery:1960 Ferrari 400 Superamerica SWB Cabriolet chassis #1945 SA

どちらも世界的に有名なオークション会社のRMオークションズとサザビーズ。2月18日、この2社が新たに戦略的パートナーシップ契約を締結すると発表された。RMオークションズが新たにRMサザビーズとなって開催した最初のオークションが、米フロリダ州アメリア島のクラシックカーの祭典、アメリア・アイランド 2015 コンクール・デレガンスで3月14日に開催され、総額6,000万ドル(約73億円)の売上げを記録した。

今回のオークションの目玉は、何といってもゴージャスな1960年製フェラーリ「400スーパーアメリカ SWB カブリオレ」だろう。ギャラリーの写真でもご覧頂けるとおり、ダーク・グリーンのボディに赤いレザーのインテリアが美しいこのコンバーティブルが、スーパーアメリカとしては最高となる落札価格638万ドル(約7億7,000万円)を記録した。オークションの収益は子どもの教育を支援する基金に寄付されるとのこと。今年1月には米アリゾナ州スコッツデールで、流麗なクーペ・ボディを持つ1962年製フェラーリ「400スーパーアメリカ シリーズ1クーペ・エアロディナミコ」がグッディング&カンパニー社のオークションにて当時の最高記録となる407万ドル(約4億9,000万円)で落札されているが、今回はその記録を大幅に上回った。

それ以外にも、貴重な1972年製フェラーリ「365GTB/4デイトナ・スパイダー」が330万ドル(約4億円)で落札されたほか、ジャガーメルセデス・ベンツアルファ ロメオランボルギーニブガッティなどが数多く出品された。クラシックカーだけではない。非常に珍しい2007年製フェラーリ「599 GTBフィオラノ」の6速MT車は、当初予想されていた値の3倍近くとなる68万2,000ドル(約8,230万円)で落札。そして、1990年にデイトナ24時間で劇的な勝利を収めたカストロールのカラーリングが施された1988年製ジャガー「XJR-9」に214万5,000ドル(約2億5,800万円)の価格が付いた。

もちろん、アメリア・アイランド・コンクール・デレガンスにはRMサザビーズ以外にも出品しているが、このイベントの公式オークション会社として出品した同社は、単独で他のオークション会社から出品された合計数を上回っており、その結果として同イベントでの総売上額の記録を更新したという。

RMサザビーズが1960年製フェラーリ 400スーパーアメリカ SWB カブリオレを紹介する映像も併せてご覧いただきたい。同社によると、この緑と赤のカラーリングはフェラーリとしてはとても珍しいため、最初のオーナーのオーダーメイドによるものではないかと解説している。



​By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フェラーリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう