フォルクスワーゲンは、ボックススタイルのバンである「T6」のティーザー画像を公開した。

本車両は、2015年4月15日にフォルクスワーゲンのトランスポーターの第6世代モデルとして、ワールドプレミアとなる予定だ。



T6は、日本では、ワーゲンバスの愛称でも親しまれている丸くてかわいい「タイプ2」(画像)の後継となるモデルであり、現行モデルの「T5」は、2003年にフルモデルチェンジしている。

なお、T6は2015年後半にイギリスで発売開始される予定だ。

日本ではT4の時代に正規輸入輸入されたのを最後に、現行モデルは正規輸入されていない。

狭い道路が多い日本の道では、スライドドアのミニバンの人気は高い。実用的なトランスポーターとして、実力がある車両なので、是非日本への正規輸入を期待したい。


【PR】T6の購入を考える前に!まずは愛車の査定価格を調べよう!