5月16日、待望の6代目「カマロ」がデビューすることがシボレーから正式に発表された。もしこの日に米デトロイトにいるなら、フォード「マスタング」のライバルを支持するファンは、シボレー・インディ・デュアルの市街地コース、ベル・アイルに行きたくなるだろう。

新型「カマロ」ついて今のところ公開されているのは、上のイメージ画像のみ。これを見るとかつてのカマロのエンブレムに良く似ている。これはつまり、昔のロゴが復活することを示唆しているのかも知れない。

カマロの発表にあたり、シボレーは大きなイベントを計画しているようだ。1,000人以上のカマロ・ファンをベル・アイルのサーキットで行われるワン・デイ・イベントに招待し、6代目マッスルカーを公開するだけでなく、ファンは新型「カマロ Z/28」の助手席に乗りサーキットを周回したり、シボレーの歴史の中でも最も素晴らしいクルマが展示されたカマロ博物館を見学したり、さらにカマロのデザイナーやエンジニアと話すことも出来るという。

「このパーティーは、カマロ・ファンなら絶対に見逃せないイベントだ」と、カマロのマーケティング・マネジャー、トッド・クリステンセン氏は語る。「新型カマロを発表するのは今回でまだ6回目だ。カマロを"アメリカ人が好むパフォーマンスカー"としてベストセラーの座に押し上げ、1967年以来、文化的なアイコンとして認知されるまでにしてくれたファンや顧客である皆さんと共に、我々はこの瞬間を分かち合いたい」。

このイベントへの参加は、シボレー6世代目カマロの特設ウェブサイトから申し込むことが出来る。5月中旬にデトロイトにいる可能性がある読者の皆さんや興味のある方は登録してみてはいかがだろうか。また、詳細を知りたい方はプレスリリース(英文)をどうぞ。


By Brandon Turkus
訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新型カマロの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!