【レポート】次世代型ホンダ「CR-Z」は「シビック TYPE R」の2.0リッター・ターボを搭載...!?
Related Gallery:2015 Honda CR-Z EX with Navi

ホンダのハイブリッド・スポーツ「CR-Z」はここ数年ほとんど放って置かれた状態で、すでに欧州オーストラリア市場から撤退している。一方、米国では2014年に3,562台が販売されており、クラシックな「CR-X」を現代風に再解釈したこの小さなクーペは一見、成功を収めているようにも見えるのだが、残念ながらスポーティーなスタイリングを裏付けるパフォーマンスに欠けていることから、評価はあまり良いとは言えない。だが、ひょっとしたら数年後にはドライバーの期待に応える次世代モデルが登場するかも知れないという噂が聞こえてきた。

米自動車雑誌『Car and Driver』が、栃木県にある本田技術研究所と関係のある匿名からの情報として伝えるところによると、次世代CR-Zは2017年に発表され、早ければ2018年には発売される可能性があるという。この人物は「新型は高い評価を受けるだろう」とも語っている。

次期CR-Zは現行モデルよりもやや大きく、次期型「シビック」のプラットフォームを短縮して使用するらしい。前述の『Car and Driver』はさらに、「シビック CR-Z」とブランド名を変える可能性まで推測している。だが、パフォーマンスを求めるファンにとって嬉しい最も大きな変更は、ついに「IMA」ハイブリッド・システムを捨て、欧州仕様の「シビック TYPE R」と同じターボチャージャー付き2.0リッター4気筒エンジンを搭載することだ。シビック TYPE Rで306hpを発揮していたエンジンは、仕様に合わせて280hp前後にデチューンされると伝えられている。

しかし、ハイブリッドを完全にやめるわけではない。日本市場向けCR-Zには、ホンダ製のターボチャージャー付き1.5リッター4気筒と電気モーターによるアシストが組み合わされ、合計で200hp前後を生み出すとされる。

未来のCR-Zが次世代シビックのプラットフォームを使用するという噂は、2013年から飛び交っているし、TYPE Rのエンジンを使うという推測もあった。公式な発表が出るまで、これらの情報は話半分に聞いておくのが賢明かもしれない。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】次世代CR-Zの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!