フォード、新型「マスタング」の地域によって異なる人気ボディ・カラーを発表!
Related Gallery:2015 Ford Mustang GT Photos

日本も含め、ついに世界中で新型フォード「マスタング」が発売となる。これに合わせ、フォードがこのロングセラーのマッスルカーに関する興味深いデータを公開した。初期に購入した顧客から地域別に最も人気の高いボディ・カラーを発表したのだ。

予想通り、購入者は赤のマスタングに思い入れがあるようだ。光沢のある鮮やかな「レース・レッド」は、ヨーロッパで20%、中国で35%のオーナーが選び、両地域でナンバーワンに輝いた。また、少しくすんだ落ち着きのある「ルビー・レッド」は米国で人気第3位に入っている。

その米国での1番人気は「グロッシー・ブラック」で、暗いグレーの「マグネティック・メタリック」が第2位。米国人が好きなクルマの色とされる白は、トップ3にも入らなかった。しかし中国では、「オックスフォード・ホワイト」が第2位となっている。

他の地域でも人気なのは黒だ。ヨーロッパではメタリックの「アブソルート・ブラック」が、「レースレッド」と並ぶ20%を占めて同率1位となった。黒は中国でも人気を博しているようで、白(2位)の20%に少し及ばなかったものの、「グロッシー・ブラック」が第3位となった。

ヨーロッパで3位の「ディープ・インパクト・ブルー」は、イギリスで「レース・レッド」に次ぐ2位。イタリアでは「アブソルート・ブラック」が1位で「レース・レッド」と「ディープ・インパクト・ブルー」が同率2位だそうだ。

フォードのプレスリリース(英語)には、より詳しいデータが掲載されている。同社の世界3大マーケットで、オーナーたちはどんな色のマスタングを選んでいるのか、ご参照いただきたい。果たして日本ではどのカラーが人気となるだろうか?



​By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マスタングの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!