フォルクスワーゲンは、公式のスペシャルサイトで、スポーツグレードの"GTI"がラインナップされている「ゴルフ」と「ポロ」のパフォーマンス対決を開始した。

ゴルフとポロは、同じ5ドアのハッチバックであり、フォルクスワーゲンの主力モデルとなっている。そんな兄弟モデルを様々な切り口で対決させるのが、今回の企画だ。

通常クラスが違う、「クラウン」VS「マークX」などという対決はあまりないが、今回のゴルフVSポロというクラス違いの対決は、"GTI"の走りという面でクローズアップすると、非常に興味深い。
Related Gallery:VW Golf GTI VS Polo GTI


ゴルフとポロとは、ゴルフの方がボディが大きくなっている分、排気量が大きくパワーがアップしているので、どちらがと上ということはスペック上分かりにくい。

そこでパワーウエイトレシオで比較してみると、ゴルフ6.32kg/ps、ポロ6.46kg/psとなっており、かなりの僅差となっている。

重量でいえば、ゴルフに約30kgぐらい多めに荷物を積んでしまえば、ほぼ互角となってしまうレベルだ。

このあたりは、フォルクスワーゲンが"GTI"としての走りを追求すると、このぐらいのウエイトレシオにしたいということなのかもしれない。


"GTI"のプライドをかけた兄弟パフォーマンス対決の第一弾は、この日のために用意されたスペシャルコースでのジムカーナ対決だ。

正確なステアリングフィールと安定した挙動、そして俊敏な加速を生み出す"シャシー性能"の高さが勝敗を分けるポイントとなる。

力強く安定した走りを披露するゴルフに対して、軽量な車体を生かした鋭い走りでポロが挑む第一弾。

ジムカーナにおいて大きなアドバンテージとなる最小回転半径が、ゴルフ5.2m、ポロ4.9mとそれほど変わらない二台ではあるがその結果はいかに。(結果は動画で、お楽しみに!)


番外編として、燃費対決も行われている。今回のコースは、都内から大磯まで55kmの一般道と高速道路が組み合わされた内容だ。

メーカー自身が実燃費を公開するのもまれだが、結果はさすがにJC08モードに及ばないものの、両者とも国産車と比べて非常に高い燃費達成率となっており、ゴルフとポロの実燃費の良さが分かる内容となっている。

現時点では、ジムカーナ対決と燃費対決のみの公開となっているが、この対決は順次公式サイトで展開されていくので、気になる読者は公式サイトをチェックして欲しい。

フォルクスワーゲン ポロ GTI 公式サイト
http://pologti.jp/

対決01 ジムカーナ対決 / GTI兄弟パフォーマンス対決


番外編 燃費対決 / GTI兄弟パフォーマンス対決
【PR】「GTI」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!