DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

降りしきる雨の中、完全なるウェット路面で、ダンロップの2銘柄のモーターサイクル用プレミアムツーリング・ラジアルタイヤを乗り比べた。1つは「ロングツーリングに適した優れた耐摩耗性」と「疲労を軽減する優れた吸収性とハンドリング」を開発テーマに掲げ、今年2月(一部3月)に発売された『SPORTMAX ROADSMART 3』(スポーツマックス ロードスマート スリー)。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

ターゲットユーザーを「こだわりのパーツを欲する本物志向のユーザー」「多走行でロングライフなタイヤを探しているユーザー」そして「楽にロングツーリングがしたいユーザー」とし、ビッグバイクでのロングツーリングに適した優れた耐摩耗性能と、疲労度の低減を実現している。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3 DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

もう1つは、その先代にあたる『SPORTMAX ROADSMART 2』(スポーツマックス ロードスマート ツー)。登場したのは2011年3月で、大排気量バイクのワインディングでのスポーツ性能、ロングツーリングに求められる高い耐摩耗性と高速安定性、更に乗り心地を高次元でバランスした。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 2
(SPORTMAX ROADSMART 2)
Related Gallery:DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3

まず、『ROADSMART 3』。写真を見ても分かる通り、これほどにまでウェットになるとメリットはスポイルされてしまうのではないかと試乗前には思っていたが、ニュータイヤならではのアドバンテージは随所で感じられた。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

大排気量モデルでもハンドリングが軽く、車体が直立した状態からマシンを振るとクイックに反応し、右へ左へ素速く動く。公道ならレーンチェンジも機敏だろう。もちろん、ミドルスポーツに乗り替えれば、一層軽快感が増してくる。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3 DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

濡れた路面でも臆することなくコーナリングが楽しめるのは、低温での柔軟性が向上され、接地面積が上がっているから。フロントは常用域での操舵が軽く、バイクを寝かし込んだ時にはしっかりとしたグリップ感が得られ、リアは剛性分布が均一化され、寝かし込みからバンク中まで手応えに変化がなく、スムーズなフィーリングとなっている。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

『ROADSMART 2』のウェット性能も申し分ないレベル。ニュートラルな旋回特性で、路面の凹凸の衝撃を柔軟に吸収してタイヤの挙動を掴みやすい。しっかりとした接地感があり、低速から中速域での乗りやすさに貢献している。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 2 DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 2
(SPORTMAX ROADSMART 2)

ただし『ROADSMART 3』と比べると、操舵が若干重く、舵角が多くなる傾向。リア先行のロール特性で、積極的なハンドル操作によってグイグイ曲げていくフィーリングはスポーティだが、結果的に疲れやすい。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 2
(SPORTMAX ROADSMART 2)

その点、『ROADSMART 3』は操舵が軽く、舵角量が適度。前後一体のロール特性で、雨の中長い時間乗っていても疲れにくい特性がある。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3 DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

また、乗り心地も『ROADSMART 3』の方が良い。凹凸を乗り越えた際の衝撃がよりしなやかに吸収され、これはロングツーリングでの大きなアドバンテージになるはず。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

ダンロップ=住友ゴム工業では、『疲労科学研究所』と『横浜国立大学』の工学研究員・小泉淳一教授の立ち会いにて、『ROADSMART 3』と『ROADSMART 2』装着車両で、ライダーの神経活動を比較実験。全ての年代で『ROADSMART 3』の方が疲労度・ストレスが低く、疲れにくいということをデータと数値化によって証明している。なんと1時間走行した場合、20〜50%もの疲労度・ストレスが低減され、特に40分を超えたところからこうした効果が顕著だったという。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3 DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3

ロングライフという点でも『ROADSMART 3』に軍配が上がる。このソフトなフィーリングは摩耗が早く、減りやすいのではないかと気がかりだが、心配無用。新コンパウンドと、リアタイヤには『3分割マルチプルトレッド構造』を採用し、センター部には耐摩耗性に優れたコンパウンドを、ショルダー部にはグリップ重視のシリカを配合することで、優れた耐摩耗性能とスポーツ性能を高い次元でバランスさせた。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3 DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3
(SPORTMAX ROADSMART 3)

雨の中、悪条件でのテストとなったが、上質な乗り味は充分に発揮されていて「もっと走れるのではないか」という手応えを感じた次第。寝かし込みは軽快に、バンク時は重厚感のあるドッシリとしたフィーリングとすることで疲労度を軽減し、ロングライフを実現した『ROADSMART 3』。ツーリングを楽しむライダーにお勧めしたい。

DUNLOP SPORTMAX ROADSMART 3

■ROADSMART 3
新開発の『スリムハイビードAPEX2』(エイペックスツー)の採用による快適な乗り心地と、ダンロップ独自の『C.T.T.』(キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー)によって、無駄な操作が不要となることで、『ROADSMART 2』に比べ乗り心地とハンドリング特性を向上。長距離走行における疲労を低減している。

フロント リア
120/70R14 M/C 55H 160/60R14 M/C 65H
120/70R15 M/C 56H 160/60R15 M/C 67H
120/60ZR17 M/C (55W) 160/60ZR17 M/C (69W)
120/70ZR17 M/C (58W) 160/70ZR17 M/C (73W)
130/70ZR17 M/C (62W) 170/60ZR17 M/C (72W)
110/80R18 M/C 58V 180/55ZR17 M/C (73W)
120/70ZR18 M/C (59W) 190/50ZR17 M/C (73W)
  190/55ZR17 M/C (75W)
  190/60ZR17 M/C (78W)
  140/70R18 M/C 67V
  150/70ZR18 M/C (70W)
  170/60ZR18 M/C (73W)

■ROADSMART 2
大排気量バイクのワインディングでのスポーツ性能、ロングツーリングに求められる高い耐摩耗性と高速安定性、更に乗り心地を高次元でバランスしたスポーツツーリングラジアルタイヤ。『HES-JLB構造』(ハイ・エロンゲーション・スチール ジョイントレス・ベルト構造)は、コードのより数を増加させることで、高強度でしなやかな特性を得ている。

フロント リア
120/60ZR17MC(55W) 160/60ZR17MC(69W)
120/70ZR17MC(58W) 160/70ZR17MC(73W)
130/70ZR17MC(62W) 170/60ZR17MC(72W)
120/70ZR18MC(59W) 180/55ZR17MC(73W)
120/70R18MC 59V 190/50ZR17MC(73W)
  190/55ZR17MC(75W)
  190/60ZR17MC(78W)
  150/70ZR18MC(70W)
  170/60ZR18MC(73W)
  200/50R18MC 76V

■ダンロップタイヤ 公式サイト
http://tyre.dunlop.co.jp