【レポート】アップルCEO、「CarPlay」 対応の新型車を2015年以内に40車種以上投入すると発言
アップルは今月9日、サンフランシスコで開催されたプレス向けスペシャルイベント「Spring Forward」において、Apple Watchを含む新製品等を発表したが、そのプレゼンテーションの中で同社CEOのティム・クック氏が、車載インフォテインメントシステムとiPhoneを連携させるオペレーティング・システム「CarPlay」の最新情報も明らかにした。

クックCEOによると、CarPlayに対応した新型車は2015年末までに40車種以上が登場するという。具体的な車種については明らかにされなかったが、アップルの公式サイトにはアバルトからボルボまで(ABC順)すでに31の見慣れた自動車ブランドのマークが掲げられている。また、パイオニアやアルパインは、既に所有しているクルマに搭載するアフターマーケットのCarPlay対応機器を販売開始する予定だという。

アップルが次世代車載システムへの侵攻としてCarPlayを発表したのは昨年3月のこと。車内のインフォテインメントスクリーンに最適化されたiPhoneのホーム画面が映し出され、ユーザーはiPhoneの機能をタッチや音声によってスクリーン上で操作することができるようになるとアップルは説明した。ボルボはこの発表を受け、CarPlayに対応した次期型「XC90」をいち早く公開ヒュンダイフォルクスワーゲンも新型モデルへの採用を予定している。今回の発表では、昨年3月の時点で参加を表明していなかったフィアットマツダなども加わり、あと見当たらないメジャーなブランドはポルシェアストンマーティンといったところか。やはりというべきか、テスラモーターズの名前もない。

実際に操作を試すことが出来る日は間もなくやってくるだろう。詳しい情報はアップルの公式サイトをご覧いただきたい。

Apple - C-arPlay
https://www.apple.com/jp/ios/carplay/



ByChris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】CarPlayの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!