suzuki VITARA

スズキ株式会社は、ハンガリーの子会社マジャールスズキ社にて、新型SUV「VITARAビターラ」の生産開始を記念し、ラインオフ式典を行った。 式典にはハンガリーのヴィクトル・オルバーン首相、小菅淳一ハンガリー駐箚(ちゅうさつ)特命全権大使らを迎え、スズキからは鈴木修 会長兼社長が出席した。

式典で鈴木修 会長兼社長は「1991年4月にマジャールスズキを設立して以来、スイフトやスプラッシュなど8モデルを生産し、累計生産台数は昨年250万台に達した。マジャールスズキを戦略的重要拠点と位置付けており、引き続き生産を拡大していく。」と述べた。

suzuki VITARA

新型SUV「VITARA」は、ジムニーやビターラで培ってきた本格四輪駆動車やクロスオーバーSUVとしての資質を受け継ぎながら、デザイン、走行性能、安全性能、環境性能など、あらゆる面で進化させた新しいコンパクトSUV。走行性能を追求しただけでなく、ユーザーのライフスタイルを反映できるクルマとして開発した。
スズキは、新型SUV「VITARA」を世界戦略車としてハンガリーをはじめ、欧州全域に供給するだけでなく欧州外にも輸出する予定で、初年度の生産台数は7万台を計画している。

■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp