マクラーレンは(生産量だけを見れば)小規模な自動車メーカーではあるが、ここ最近は実に数多くの新型車を登場させており、その勢いは止まる気配を見せない。ジュネーブ・モーターショー 2015で新型スーパーカー「675LT」とサーキット専用モデル「マクラーレンP1 GTR」を披露したばかりであるにも拘わらず、4月に開催されるNY国際オートショーでは新しいエントリー・モデルとなる「スポーツ・シリーズ」を発表するために準備を進めているようだ。そして例によって、その期待を煽る新たなティーザー映像が公開された。

雪の中を疾走するマクラーレン スポーツ・シリーズのプロトタイプはまだカモフラージュで隠されているが、これまで既に明らかになっていることもある。マクラーレンのラインアップには現在、「650S」や675LTからなる「スーパー・シリーズ」と、「P1」やP1 GTRの「アルティメット・シリーズ」があり、スポーツ・シリーズはそれらの下位に加わる新シリーズで、基本的には上位モデルと同じアーキテクチャ、つまりカーボンファイバー製シャシーとミドシップ・マウントされた3.8リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンを採用するという。しかし、そのパワーは抑えられ、価格も(比較的)手に入れやすくなる見込みで、ポルシェ「911 GT3」や新型アウディ「R8」と同価格帯(日本市場価格でいえば2,000万円台前半?)になると期待されている。

来月、少しだけ手が届きやすくなったマクラーレンが、マンハッタンのジャビッツ・センターで公開される時を楽しみに待とう。



By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マクラーレンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!