日産は、人気TV番組を数多く手がける放送作家であり脚本家でもある鈴木おさむ氏が編集長を務める日産ソーシャルプロジェクト「にっちゃん」企画において、究極のスマートBBQカープロジェクトを開始した。

今回このプロジェクトでチャレンジしているのは、誰もが夢見た"ごみゼロ・手間ゼロという究極のスマートBBQカー"だ。

ベース車両は、100%電気商用車「e-NV200」 。最大1500Wの負荷にも耐えられ、1000W×8時間の電力使用が可能な電気自動車(EV)だ。
Related Gallery:NISSAN e-NV200 BBQ


なぜ、EVで"究極のスマートBBQカー"を作ることになったのか。それは、空気を汚さない、静かで快適な乗り心地、そして災害時に役に立つ給電装置機能といったEVのメリットを一般の人があまり知らないので、知ってもらいたいという意図がある。

EVであれば、いつでもどこでも火を使わず手軽にBBQが出来る。さらに、電気ゴミ処理機を搭載することで、生ゴミを一切出すこともない。もちろんそれによって排ガスも一切出すことはないのだ。

写真のモデルには、トランクを開くだけで使えるBBQ装置や、冷蔵庫、キッチン、ワイヤレススピーカー、タープ、ベンチ、ソーラー充電機能など、通常のBBQで必要な装備が満載されている。


さらに今回は、夢の機能を追加搭載する予定だ。ただし、この機能はクラウドファンディングで資金が集まったらという条件がついている。

まず、100万円支援が集まると、-Flying Selphie Camera-(フライングセルフィー)が搭載される。

これにより、カメラ搭載型ドローンによってBBQの楽しい様子などを空中から撮影することが出来るということだ。


また、300万円の支援が集まると、Mosquito Barrier System-(蚊バリア)が搭載される。

これは、超音波とアロマによって、迫り来る蚊を撃退! 痒みに悩まされることのない、快適なBBQが実現されるとのことだ。


そして、600万円の支援が集まったら、クルマの窓がディスプレイに! スマートフォンとリンクし、撮影した写真や動画を、そのまま映し出す事ができる-Smartphone Linked Display-(スマホ連携ディスプレイ)が搭載される。

1,000万円の支援が集まったら、ミストのシャワーによって、一帯が瞬時に涼しく! 真夏のBBQを爽快になるRefreshing Mist Shower-(爽快ミストシャワー)。

1,500万円の支援が集まったら、クルマが瞬時にカラオケに! 格別の解放感を味わえるアウトドアカラオケが実現できる -KARAOKE-(カラオケ) が搭載される。

夢膨らむ企画だが、2015年3月31日1時までの期限に対し、支援総額は48万円(3月8日現在)までしか到達していない。

夢の機能の実現には、支援金が不可避だ。支援すると様々な特典も用意されているので、是非これらの企画に共感できる読者は公式HPで支援を表明しよう。

日産ソーシャル公式HP
http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/ARTICLE/20150213_001/?scsocid=f00000242

BBQ VEHICLE