Citroën C-Elysée WTCC 2015

シトロエン・レーシングは、2015年のFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)開幕戦で、レース1では母国レースであるホセ‐マリア・ロペスが優勝、レース2では8番手からスタートしたセバスチャン・ローブが優勝し連勝を果たした。

Related Gallery:Citroën C-Elysée WTCC 2015 Race1

Citroën C-Elysée WTCC 2015 Citroën C-Elysée WTCC 2015

シトロエンは予選から1〜4位を独占。レース1では、ポールポジションからトップを快走するロペスを筆頭に、2位にはイヴァン・ミューラー、3位にはローブ。4番手からスタートしたマー・チンホワは、スタートで大きく出遅れポジションを落としたが、その後挽回し7位でレースを終えている。

リバースグリッドで行われるレース2では、7番手スタートのチンホワ、8番手スタートのローブがジャンプアップ。1周目にして1-2体制を築き、10番手からスタートしたロペスも7番手に上がった。2周目にはローブがトップに、チンホワはアクシデントでピットインしたが、代わってロペスが3番手にまで浮上。その後アクシデントが多発しセーフティカーが導入。レース再開と同時にロペスが前車をパスし2番手となる。ローブは、ロペスとの間隔を保ちトップを快走し勝利。ロペスは2位となり、レース1の勝利と合わせランキングトップとなった。アクシデントによるピットインしたチンホワは6位、ミューラーは、12位でレースを終えた。

Citroën C-Elysée WTCC 2015 Citroën C-Elysée WTCC 2015

ホセ‐マリア・ロペス選手は「レース 1 のスタートはいまひとつでしたが、それ以外は完璧に進みました。これでレース 2 への自信がつきましたが、レース 2 ではセブがとても速かったです。私にとっても、チームとしても、非常にポジディブな週末となりました」
セバスチャン・ローブ選手は「このような内容でシーズンを滑り出すことができて、本当によかったです。レース 2 では勝利を目指し、最初のコーナーでオーバーテイクのチャンスをつかみました。その後はロペスを振り切るため、懸命にプッシュしました」とコメントしている。

プジョーシトロエン・グループ シトロエン公式HP
http://www.citroen.jp/#/index