【ジュネーブ2015】これがブガッティ「ヴェイロン」最後の1台!
Related Gallery:Bugatti Veyron Grand Sport Vitesse La Finale: Geneva 2015

ブガッティはこれまで、各地のモーターショーで様々な「ヴェイロン」のスペシャル・エディションを発表して来た。そして現在開幕中のジュネーブ・モーターショー2015にもまた1台、そして最後の1台となる超弩級スーパーカーの特別なモデルが出展されている。この「グランスポーツ・ヴィテッセ・ラ・フィナーレ」こそ、10年間でちょうど450台目となる正真正銘、"最後のヴェイロン"だ。

取り外し可能なルーフを持つ「グランスポーツ」に、最高出力1,200psを発揮する「スーパースポーツ」用のW型16気筒クアドターボを搭載した「グランスポーツ・ヴィテッセ」をベースとするこの「ラ・フィナーレ」は、カーボンファイバーが透けて見える赤と黒のボディに、ダークレッドのホイールをマッチング。クリーム色と緋色のレザーで包まれたインテリアは、シートのヘッドレストに「ラ・フィナーレ」の文字が刺繍されている。すべてが素晴らしい仕上がりで、これを購入した中東の顧客も大満足に違いない。だが、このモデルを他のヴェイロンと一線を画した存在に足らしめているのは、今から10年前の2005年に誕生したミリオンダラー(100万ドル)・スーパーカーの、有終の美を飾るという事実だろう。

ブガッティの次なるモデルに期待を馳せつつ、ラ・フィナーレの姿をジュネーブで撮影して来た写真と動画でご覧いただきたい。






By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ブガッティの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!