若手映画監督8人によるアルファ ロメオをテーマにしたショート・ムービー
サーキットや公道レースで華々しい戦績を残したアルファ ロメオはまた、これまで実に多くの映画にも登場し、観る人に強い印象を残して来た。

サイモン&ガーファンクルのテーマ・ソングが有名な映画『卒業』でダスティ・ホフマンが乗る「スパイダー デュエット」や、『ジャッカルの日』で国境を越える「ジュリエッタ スパイダー」あたりは、ご覧になった方も多いだろう。フランスのフィルム・ノワール『地下室のメロディ』ではアラン・ドロンが同じ「ジュリエッタ スパイダー」を颯爽と乗りこなし、1969年のイタリア映画『さらば恋の日』ではあの「ティーポ33/2 ストラダーレ」が魅力的な姿と排気音で物語に華を添える。他にも『ゴッドファーザー』で爆破されてしまう名車「6C2500」から、『ワイルド・スピード EURO MISSION』でアクションを演じた現行モデルの「ジュリエッタ」まで、スクリーンで"名演技"を見せたアルファ ロメオを思い出せば、枚挙にいとまがないほどだ。また、そんな名画の主人公に憧れてアルファ ロメオを手に入れた人も少なくないだろう。



そこで今回、アルファ ロメオ ジャパンは、配信世帯数日本最大級の映画チャンネル「ムービープラス」とタッグを組み、8人の若手映画監督に「ジュリエッタ」が登場するショート・ムービーを制作させた。2月26日にはその中から最も優れた作品を表彰する「ALFA ROMEO CINEMA AWARD」の授賞式がイタリア文化会館で開催され、抽選で招待されたアルフィスタの皆さんや、ゲスト審査員を務めた女優の長澤まさみさんが見守る中、8本のショート・ムービーがスクリーンで上映された。その中から審査の結果、見事グランプリに輝いたのは、藤澤浩和 監督による『HERO』という作品だった。




8本のショート・ムービーを監督した8人は、文化庁から委託を受けたVIPO(映像産業振興機構)による「日本の映画界の次世代を担う映画監督を発掘・育成し、日本映画の活性化を目指す」という、「ndjc: 若手映画作家育成プロジェクト」で優秀と認められた青年達だそうで、いずれも5分以内という短い時間に、ジュリエッタが印象的に使われる作品世界を巧く作り上げていた(以下に8作品のキャプチャ画像を掲載)。

中にはきっとそれほどクルマに関心がない監督もいるのだろう。彼らがジュリエッタから想起したイメージは実に様々で、アルファ ロメオという名前にどうしても歴史による先入観や特別な思い入れを抱いてしまう記者にとって、ある意味で新鮮だった。グランプリを受賞した『HERO』という作品は、その中でも最もオリジナリティを感じさせ、導入の"ツカミ"から、最後の"オチ"まで、3分間の中で見事にまとめ上げている。藤澤浩和 監督によれば「ワンカット超能力者モノをやってみたかった」そうだが、ジュリエッタについては「そこに置いただけで絵になるというのは本当に力強かったです」と語っていた。




それにしても、実は8本のうち2本の作品で、ジュリエッタのエンジンが掛からなくなる場面が描かれていて、こんな作品を公式サイトで公開するアルファ ロメオ ジャパンはずいぶん心が広い。ひと昔前を知る者に言わせれば、現代のアルファ ロメオは格段に信頼性が上がっているのだが、気候や交通環境の異なる日本で乗れば、やはり最新の日本車並みとは言えない。もっともそんな些細なスリルもアルファ ロメオとの暮らしに含まれる魅力の1つかも知れないし、正規ディーラーで新車を購入すれば、登録後3年以内は24時間365日体制でサポートしてくれるプログラム「ロード サービス」が無償で付いてくるので、少なくともイタリア車というものに十分慣れるまで、安心して乗れるはずだ。



文末にはグランプリを受賞した『HERO』のみを掲載させていただくが、ぜひ公式サイトで他の作品もご覧になってみていただきたい。ちなみに、前述のようにアルファ ロメオという名前に思い入れのある記者が最も感動したのは、失礼ながらタイトルからまったく期待していなかった、文 晟豪 監督の『テガミとモモコとクルマ』、そしてジュリエッタが"シネマジェニック"に描かれていた、菊池 清嗣 監督の『her memory』だった。

映画監督を目指す若者は、おそらく経済的になかなか大変な思いをされているのではないかと想像するが、出来るだけ機会を見付けて、是非たくさんのいいクルマに触れてもらいたい、と思った。時代劇などは別として、映画の中でクルマというものが実に効果的な小道具、背景、役者(役車)となり得ることは、冒頭に挙げた作品を初め多くの名画によって証明されているからだ。

なお、3月21日(土・祝)には映画専門チャンネル「ムービープラス」で、『I WANT ALFA ROMEO, I LOVE CINEMA』プロジェクトを追った番組が放映されるという。歴代アルファ ロメオが登場する名作映画のシーンも取り上げられるというので、こちらも是非ご覧いただきたい。


『I WANT ALFA ROMEO, I LOVE CINEMA』
http://www.alfaromeo-jp.com/iwantcinema/

Related Gallery:ALFA ROMEO CINEMA AWARD



By Hirokazu Kusakabe

【PR】ジュリエッタの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!